バンクーバーで味わう世界の味

カナダを代表する海の幸ロブスターと中華料理の融合です。

カナダを代表する海の幸ロブスターと中華料理の融合

世界各国から民族が移り住み、様々な人種が見られるカナダ。特にバンクーバーは北米で最もアジアが近い大都市なので、アジア系住民が多く、多民族国家カナダの縮図とも言えます。

お隣のアメリカも「人種のるつぼ」といわれるほど、たくさんの民族が暮らしていますが、カナダは「人種のモザイク」と言われます。これはアメリカに比べ、各国から移り住んできた人々が、自分たちの文化を大切に保ちながら生活しているので、その文化がより断片的に見られ、モザイク模様のようにみられる……ということ。また、カナダでは世界各国の良いところを取り入れて、新しいカナダ文化を創造しよう!という「多文化主義」を政策としていることもあり、各民族の文化がより色濃く見られるのです。

さて、その文化が最も端的に表れるのが食文化。バンクーバーのレストラン(カナダ料理)でもご紹介したように、今やバンクーバーは北米でも有数のグルメタウン。カナダ料理だけでなく、世界各国の料理だって楽しめます。そうした世界のグルメのうち、主に旅行者が滞在するダウンタウンからアクセスが容易なレストランを中心にご紹介します。

メニューや予算の目安は2010年10月現在のもの。特に記載のない限り、服装はカジュアルで十分です。また、バンクーバーでは恒常的にレストランは込み合っているので、ランチといえど、予約することをおすすめします。