北米1位、世界8位にランクされる、居心地の良いバンクーバー国際空港

カナダのフラッグシップであるエアカナダを始め、数多くの航空会社が乗り入れ (C) Vancouver Airport Authority

カナダのフラッグシップであるエアカナダを始め、日本航空、全日空など、数多くの航空会社が乗り入れ (C) Vancouver Airport Authority

カナダの西玄関であるバンクーバー。そのゲートウェイとなるのが、バンクーバー国際空港です。ダウンタウンから南に約12km、正確にはバンクーバーの隣の町リッチモンドに位置しています。

空港や航空会社を格付けする英国の調査会社スカイトラックスによるランキングでは、バンクーバー国際空港は2010年から4年連続で北米ナンバーワンの座をキープ! それだけではなく、2012年には世界第9位! そして2013年には、さらにランクを上げ、世界第8位に! その使い勝手やサービスの質、居心地の良い空間設計など、その評価は世界最高水準といっても過言ではないほどの空港なのです。

では、バンクーバー国際空港の詳細をご紹介しましょう。

空港ターミナルの配置

バンクーバー国際空港の大まかなレイアウト

バンクーバー国際空港の大まかなレイアウト

国際線ターミナル、国内線ターミナルに別れていますが、建物としては一体化しており、3階出発ロビーにて双方が繋がっています。トロントに次いで、カナダでは2番目に利用者数の多い空港ですが、空港ターミナルの端から端まで歩いても15分という、コンパクトな大きさ。空港内はすべて徒歩での移動が可能で、乗り物に乗るようなことはなく、至ってシンプルな造りです。

※バンクーバー国際空港には、バスで移動が必要なサウスターミナル、水上飛行機専用ターミナルがあるのですが、日本からの観光客が使用することはほとんどありませんので、ここでは割愛させていただきます。

空港からのアクセス

スカイトレインの駅はターミナルビルの正面にあり、連絡通路で直結

スカイトレインの駅はターミナルビルの正面にあり、連絡通路で直結

空港とダウンタウンはスカイトレインと呼ばれる小型の電車で結ばれており、所要時間は約30分。その他の移動手段はメーター料金でのタクシー、または固定料金でのリムジンです。

空港からのアクセスについてはこちら>>>バンクーバーの市内交通・空港からのアクセス

国際線ターミナル、到着階

国際線ターミナル3階から2階の到着ロビーを見たところ

国際線ターミナル3階から2階の到着ロビーを見たところ

入国審査場の全景。手前には先住民アートであるトーテムポールが置かれ、空港を彩るアクセントに

入国審査場の全景。手前には先住民アートであるトーテムポールが置かれ、空港を彩るアクセントに

それほど大きなターミナルではありませんので、航空機を降りたら、大体5分程度で入国審査のブースに到着します。日本からのフライトが到着する午前中は、他のアジアの都市からのフライトも数多く到着し、時間帯によっては、入国審査に長蛇の列ができることもあります。この列で並んでいるだけで1時間近くかかってしまうこともありますので、夏の観光シーズンでの国内線の乗り継ぎには、3時間くらいは見ておいたほうが良いでしょう。

 

日本からのフライトでは、荷物のターンテーブルの場所について、通常日本語でのアナウンスあり

日本からのフライトでは、荷物のターンテーブルの場所について、通常日本語でのアナウンスあり

入国審査を終えると、荷物の受け取りターンテーブルがあります。その後、税関となりますが、カナダにおける税関手続きは、入国申請書類を兼ねた税関申告書を係員に手渡すだけで、通常そのまま素通り。何か問題あり、と見られた場合のみ呼び止められ、税関ブースへ行くように指示されますが、日本からの観光客が呼び止められるケースは、非常に稀です。

税関を抜けると、国際線待合ロビーとなり、バンクーバーに向かう場合は、屋外へ。国内線乗り継ぎの場合は、エスカレーターで2階に進み、国内線ターミナルへと移動します。