ウェストコースト・フュージョンとは

 海に面したパティオで食べる新鮮なシーフードは最高!

海に面したパティオで食べる新鮮なシーフードは最高!

日本では、バンクーバーにあまりグルメのイメージが沸かないかもしれませんが、実は市内には質の高いレストランが多く、北米有数の美食の町として知られています。その理由と言えば、不動産市場の好況による高額所得者の増加。それと、セレブが多いこと……。バンクーバーにセレブも意外な組み合わせかもしれませんが、実はバンクーバーは「北のハリウッド」と言われるほど、映画やドラマの撮影が多く、そのためハリウッドセレブが長期滞在するという華やかな顔を持っています。当然、レストランもそれなりのクオリティーが求められるわけですね。

さらに、近海から水揚げされる新鮮なシーフード、豊かな土壌で栽培された野菜や果物、広大な土地で放牧された肉牛や鶏卵、そして、最近評価の高まっているオカナガン地方のワインと相まって、素材には事欠かないことも背景にあります。

こうした豊かな食材を元に、バンクーバーが誇る料理がウェストコースト・フュージョン。聞きなれい料理名ですが、これは北米西海岸(=ウェストコースト)で獲れるシーフードなどの新鮮な食材を利用して、西洋料理をベースに、様々な料理法を組み合わせた無国籍創作(=フュージョン)料理のこと。

この記事ではウェストコースト・フュージョンのレストランを中心に、近海で水揚げされるシーフードのレストランなど、おすすめのレストランを紹介します。

※本文中の値段は2014年12月現在のもの。税金、チップは含まれていません。

ウェストコースト・フュージョンの最高級レストラン

メディアのランキングでは常にトップクラス!のバンクーバーを代表するレストラン。前菜が10~20カナダドル、メインが40カナダドル前後が相場です。これらのレストランは少しおしゃれして出かけたいレストランなので、ジーンズやTシャツなどのラフな服装は避けましょう。また、予約は必須と考えてください。