北京のデザイナーズホテル

有名デザイナーや建築家がプロデュースするデザイナーズホテル。北京ではまだまだ多くありませんが、紹介する3件以外にも、アメリカ60年代風のホテルGや、紫禁城が臨めるザ・エンペラーなど、泊まってみたいホテルが続々と登場しています。

万里の長城を臨むデザインヴィラ
コミューン・バイ・グレート・ウォール

隈

隈研吾の作品、竹屋の内部。まったりと時間の流れを感じたい空間

坂

坂茂の作品、家具屋の内部

米ビジネスウイーク誌によって「中国の新建築10大奇跡」のひとつに選出。1999年、アジアの著名なデザイナー12人が万里の長城の麓に集まり、各自のテーマを持って創りあげた12棟がその起こり。日本からは隈研吾、坂茂、古谷誠章の3人が参加し、それぞれ「竹屋」、「家具屋」、「森林小屋」という名のヴィラを1棟ずつ創作しました。2002年、ケンピンスキーグループの管理になってからは、オリジナルに習ったヴィラを数件ずつ増設し、一般宿泊者向けにリーズナブルに提供しています。詳しい説明はこちらへ。

<DATA>
長城脚下的公社
住所:延慶県八達嶺高速道路水関長城20号出口
TEL:010-8118-1888
料金:1500元~ オリジナルは16000元~
アクセス:長距離バス919「八達嶺駅」下車後、コミューンの専用車で100元

 

北京の今を実感できるホテル
ザ・オポジットハウス

オポジット

現代美術館のようなロビー。中国ならではのデザインが満載

オポジット

究極のスイート、ペントハウス

ショッピング、飲食、娯楽施設を収納した三里屯VILLAGEの北区に位置するエメラルドグリーンのホテル。超近代的なデザインは世界的建築家、隈研吾によるもの。白を基調としたシンプルな部屋には、天然木のフローリングや、オーク材のバスタブ、リネンの寝具など心地よいあたたかみが存在しています。地下1階にある地中海レストランSurenoのティラミスは北京一と言われるおいしさです。詳しい説明はこちらへ!

<DATA>
瑜舍
住所:朝陽区三里屯11号院1号楼
TEL:010-6417-6688
料金:1850元~
アクセス:地下鉄10号線「団結湖駅」徒歩15分

 

胡同に佇む隠れ家
北京古巷20号

20

ロビー。チャイナテイストにポップな椅子が不自然なく存在するロビー

20

粋なデザインが施された部屋

現代アートのようなホテルが2件続いたので、最後は中国ならではのデザイナーズホテルをご紹介します。伝統的な胡同に、お洒落なショップが並ぶ話題のストリート南鑼鼓巷に融合するように佇むプチホテル。多くの優れた芸術家を輩出する魯迅美術学院によるデザインは、中国テイストに西洋文化が上手く溶け込んだ独創的なもの。その雰囲気は30年代のオールド北京にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。

<DATA>
北京古巷20号
住所:東城区南鑼鼓巷20号
TEL:010-6400-5566
料金:449元~
アクセス:地下鉄5号線「北新橋駅」よりタクシーで約10元