野菜や子供のおもちゃなど積み重ねられるスタッキングボックスの作り方を紹介します。前回ご紹介したプランターボックスの上にも重ねられます。このスタッキングボックスは自分のペースで2個、3個と増やしていけるので暮らしにあった収納作りに活躍してくれます。

スタッキングボックス

野菜を入れたり、おもちゃを入れたり、持ち運びもできるので収納に大活躍です



スタッキングボックスの作り方

杉

右からA、左上からB、C、左下中央D、E

【材料】…14mm厚
A:幅100mm×長さ220mm…2枚
B:幅100mm×長さ420mm…2枚
C:幅100mm×長さ392mm…2枚
D:幅20mm×長さ85mm…4枚
E:幅20mm×長さ218mm…2枚

●細ビス 長さ25mm…32本くらい
電動ドリルドライバー

 

【手順】
下穴

木が割れないように下穴をあけます

1.下穴あけ
AとDをネジで2か所ずつとめます。木が割れないように下穴をあけましょう。電動ドリルドライバーがない場合はキリでOKです。

 


2枚

ロープを通す場合はこの段階で穴をあけましょう

2.ネジをとめる
下穴をあけたところにネジをとめます。もっと深さのあるものを作りたい場合は幅の広い板を選んで用意するか、細い板を数枚組み合わせる作り方があります。細い板を使って作る場合はプランターボックスの作り方をご参照ください。

 

横板

ネジにぶつからないように

3.側板の取り付け
Dの板にBをネジでとめます。内側に底板になるCを入れておきます。

 

下穴

固定が難しい場合はテープでおさえておきましょう

4.下穴あけ
Bの板に下穴をあけます。この時、Aにとめたネジをぶつからない位置に下穴をあけましょう。


 

ネジ

ネジをとめる位置に気をつけましょう

5.ネジをとめる
下穴にネジをゆっくりと、とめていきます。ネジの位置が近すぎると割れることがあるので気をつけましょう。

 

底板

差し込んでいる板が底板です

6.底板
反対側をとめる時にはCの底板を入れてネジでとめましょう。ずれてしまうと底板が入らなくなることもあるからです。


 

厚み

端材や定規など厚みのあるものならなんでもOK

7.底板をとめる
底板を下穴をあけて、ネジでとめます。5mmくらいの端材等があれば、均等に隙間をつくることができます。隙間をあけたくない場合は板の幅を調整しましょう。


 

あし

重ねられるよう内側にとめます

8.脚をつける
重ねた時にずれないように脚をつけます。Eを底板Cの端からDの分だけ内側に固定します。細い板は割れやすいので下穴をあけてネジで固定します。

 

取っ手

革には下穴をあけてネジでとめます

9.取っ手の取り付け
金具やヒモ、革など取っ手になる素材はいろいろとあります。お好みのものを取り付けましょう。

 

材料の幅が広いとより深いボックスを制作することができます。用途に合わせて制作を楽しんでください。いろいろなものがマルチに収納できるボックスは、とっても便利です。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。