カラーボックスの収納ベンチを手作りDIY! 初心者でも簡単!

カラーボックスで作った収納付きベンチ。天板をあけると収納に

カラーボックスで作った収納付きベンチ。天板をあけると収納に

カラーボックスを使って、収納付きベンチを作ってみましょう。使う道具は接着剤だけなので、DIYや日曜大工初心者の方でも簡単にできますよ。
   

カラーボックスでベンチを手作りDIY:材料

材料

カットはホームセンターでお願いしましょう

  • カラーボックス(幅41.5cm、奥行29cm、高さ88cm) 
  • 1×4材 90.5cm:5枚 
  • 4mm厚の板 39cm×84cm:1枚
  • 1cm角 39cm:2枚
  • 木工用接着剤
     

カラーボックスベンチを手作りDIY:作り方手順

天板

接着した後、テープでとめておいてもOK

1:天板接着
木工用接着剤で1×4材を接着します。板と板のつなぎ目に接着剤をつけて材料同士をグッと力を入れて5枚、はり合わせます。
 
裏板

接着剤はまんべんなく延ばしましょう

2:裏板接着
5枚並べた1×4材に4mm厚の板を接着します。接着面に薄く全体につけるようにしましょう。この時、ヘラか木片など薄くのばせる道具があると便利です。
 
角材

板よりも内側に接着します

3:角材接着
カラーボックスの天板を底板の内側に入るように角材を接着します。この角材がずれどめの役割をしてくれます。
 
重石

重たいものならなんでもOK

4:固定
しっかり接着できるよう本など重たいものを載せておきます。そして半日くらいそのまま置いておきます。はみ出した接着剤は乾く前に固くしぼった濡れ雑巾でふき取りましょう。
 
ペーパー

紙やすりは四角い板などに巻いてかけるとやりやすいです

5:ヤスリがけ
木材の角を削って、触っても痛くないようにヤスリがけをおこないます。120番くらいのヤスリで角を丸くしましょう。表面は240番くらいまでヤスリがけをおこいます。
 
塗装

写真はクリア(透明)です

6:塗装
木材を保護するために塗装をしましょう。塗装はいろいろな色や仕上がりになるものがたくさんあります。素地の雰囲気を残しておきたいならクリア(透明)を塗ります。茶系の色味にする場合はステイン+クリアで仕上げます。赤や青などの色をつける場合はペイントを使いましょう。
 
完成

たくさん入るお片づけボックスです

7:完成
塗装が乾いたら、あとはのせるだけ。完成です。
 

分割してフタを軽くしたり、丁番をつけて開け閉めできるようにしたりなど基本ができれば、いろいろなアレンジも可能です。ご自身の使いやすさやお好みにあわせて、細かな作りや色を変えるなどおしゃれなアレンジも楽しんでみてください。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。