ピーマンの仲間

ピーマンの仲間。シシトウやパプリカもピーマンと同様の育て方でOKです

ピーマンはトウガラシの一種で、ナス科の植物。シシトウやパプリカなどもピーマンの仲間です。ピーマンの育て方をマスターすれば、トウガラシやシシトウの栽培に応用できます。また最近は、グリーンや赤、黄色の他にもカラフルな品種がいろいろと生み出されています。グリーン一色になりがちな家庭菜園のポイントとして、変わった色や形の品種に挑戦してみたりするのも楽しいものです。


ピーマンの栽培スケジュール

ピーマンの栽培スケジュール

低温を嫌う性質なので、充分に温かく、遅霜などの心配がなくなってから定植します

ピーマンは南アメリカの熱帯地域が原産なので、同じナス科のナスやトマトよりもずっと高温乾燥を好みます。発芽時や生育時には低温を嫌うので、種から育てる場合は、プロは温床(苗を早く育てるために、わらや落ち葉などの発酵熱や、電熱などを利用して土の温度を高めた苗床)で育てますが、一般的には、ゴールデンウィーク明け頃に苗を購入して植えつければ良いでしょう。4人家族なら3株あれば充分な収穫量が確保できます。


植えつけ・準備するもの

10月の終わりころまで収穫でき、生育期間が長い植物なので、はじめに土の中にしっかりと元肥をすき込んでおく必要があります。1平方メートル(1m×1m)に対し、完熟堆肥を約5kg、完熟鶏ふんやボカシ肥などを約500gが目安です。畝の幅は90cm、株と株の間は70~80cm空けます。プランターで育てる場合は、幅70cm程度のプランターに2株が適切です。

地温が温かい方が生育が良いので、土に黒いビニールのマルチ(農業用の覆い)をかけますが、ゴールデンウィーク以降の温かい時期に植えつける場合なら、マルチなしでも大丈夫です。

手入れの方法は、次のページで。