芯の入れ替えも独特

では、次に芯の交換方法について。先程のペン先パーツをちょっと力を入れて引っ張ると、ペン先パーツそのものが外れる。
オートポイント

ペン先部分は引っ張るとこのように外れる。針金みたいなものがついているが、これもねじると外すことができる

すると、その後ろ側に針金みたいなものが繋がっている。これは「押し棒」とよばれるもので、この後ろ側がまるでハンマーでたたき付けられたようにグシャリとつぶれて平らになっている。ここつまんで、時計の逆回しをすると、この針金が外れる。そうしたら新しい芯を入れて、上げ再び針金をセットしてあげればいい。
オートポイント

針金を外して新しい芯を入れる

私は、このようにペン先パーツを外してみたが、分度器ドットコムさんによると、わざわざペン先パーツを外さなくても、ペン先を時計と逆回転させて、中にある「押し棒」を一番奥に引っ込ませた状態でペン先から芯を差し込む方法の方が簡単とのことだった。なお、芯は一般的なシャープペンより短めになっている(3.5cm )。
オートポイント

オートポイント用の替え芯。一般的なものよりかなり短め

使い始めの時はちょっと手間とるが、慣れるとそれほど気になるものでもない。なにより構造自体はいたってシンプルに作られているので、そうした面では扱いやすいとも言える。そこがまた、このオートポイントの魅力のようである。
オートポイント

両側とも全く同じ機構になっている

多色というとボールペンが中心であったが、これはシャープペンの多色タイプ。これまでの様に、いちいちノックボタンで切り換えなくても、逆に持ち替えるだけで違う色が楽しめる。校正やチェックものが多いという人には、ちょっと便利だと思う。
オートポイント

あまり頻繁に芯の出し入れをせずに使う方には、これはなかなか便利なペンだと思う


【関連リンク】
オートポイントは分度器ドットコムさんで手に入ります。

【最近の記事】
ビックも参戦!滑らか油性ボールペン市場
3冊セットして使えるカバー&ノート
スライドアクションが楽しいクロスのペン「エッジ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。