ユニークな芯の出し方

では、それぞれのペン先からどのように芯を出すのか。ふつうならノックボタンをカチカチと押して出すところだが、これにはそもそもノックボタンというものは存在しない。そこでオートポイントでは、ペン先を回転させる。
オートポイント

ペン先をこの様にツイストさせると、芯が少しずつ繰り出される

ペン側に向かって時計と逆まわしすると、芯が少しずつ繰り出されてくる。ひとたび、こうして出した芯はしっかりと固定されて書いていても引っこむ心配はない。

予め入っている芯がHBということではあったが、書き心地はちょっと硬めな印象。ちなみに替え芯もちゃんと用意されていたので、私はB も買ってみた。

オートポイント

一度繰り出された芯は、書いていても引っ込んでしまうことはない

オートポイント

これが標準で入っている芯で書いた筆跡。黒はやや薄めで、赤はまさしくレッド。日本朱色とは違う

では、芯の収納はどうするか。さすがに芯を出しっぱなし、という訳にもいかない。今度は、ペン先を先ほどの逆回転、つまり時計回りに回転させるのだ。
オートポイント

芯を戻すには先ほどの逆回転をさせる。こうするとペン先にすき間が生まれる

ただ、これだけでは芯は引っ込まない。そこで、この状態で紙の上に芯を当てて、押し込んであげると、スルスルと芯が中に収納されていく。
オートポイント

その状態で紙の上などで芯を押しあてると芯が引っ込んでいく。同時に先ほどのすき間もなくなっていく


次のページでは、独特な芯の入れ替え方法を紹介する