「いいよ」などを英語で!相手に何かを頼まれたときの返答

いいよ!は英語でなんと言う?

「いいよ!」は英語でなんと言う?

人に何かを頼まれるというのはよくあることです。そのときに
  • いいよ
  • わかった
という返事を英語でするにはどう言えばいいのでしょう。一番簡単な答えは、
  • OK
  • All right
  • Sure
です。どれも日常使うようなありふれた言葉で、まさしく「いいよ」「わかった」に相当する言葉といっていいでしょう。
 

相手の頼みごとが理解できた時の「いいよ、わかった!」を英語で!

相手が何かを話し、それに対する相づちとして

「わかった」

という場面を考えましょう。こんなときに言う英語としては

I got it.

あるいは略して

Got it.

という表現があります。get は「理解する」という意味があり、understand よりもくだけた表現です。

これらの言葉を用いた会話例を見てみましょう。
 
いいよ、わかった!を英語で言う

いいよ、わかった!を英語で言う

Man:Happy birthday!(誕生日おめでとう!)

Woman:Thank you!(ありがとう!)

Woman:Do you remember what I want? I want that bag.(私が欲しいもの覚えてる?あのバッグが欲しいの)

Man:OK, OK.(わかったわかった)

Woman:Oh my god!!! Really?(わ~~~、本当?)

Man:Yes.... But I think I like smaller one.(うん……でもぼくは小さい方が好きだな)

Woman:What? You mean you like CHEAPER one. I want THAT bag. You got it?(何ですって?「安い」ほうが好きってことでしょ。私はあのバッグが欲しいの。わかった?)

Man:...... I got it.(……わかったよ)


いかがでしょうか。シーンに合わせて、単語を使い分けてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。