鍋つかみにもなる鍋敷きの作り方! キルト芯を使おう!

鍋つかみ完成画像

裏側は、左のような仕上がり。ポッケに手をいれれば、鍋つかみとしても使えます

裏側にポケットが付いた、「鍋つかみ」としても使える「鍋しき」の作り方を紹介します。実用性抜群の小物は、プレゼントにもおすすめ。小さめのキッチン雑貨なので、初めてキルト芯を使う方の練習用にもぴったり。キルト芯を使いこなせば、手作り雑貨の幅がさらに広がりますよ! 
   

鍋敷き作りに準備するもの

鍋つかみ材料

一番左がキルト芯

・布
・キルト芯
・ミシン、または針と糸
・はさみ、定規 など

キルト芯には様々な厚みや、また接着タイプなど色々なタイプがあります。今回はパッチワークにも用いる、スタンダードな中厚のキルト芯を用いました。 布は綿を使用。熱で縮んだり溶けてしまうような、熱に弱い素材は向きません。
 

鍋敷きの作り方の手順

布とキルト芯を裁つ

布とキルト芯を裁つ

1:型は縫い線が17×17cm。周囲に1cmの縫い代を取り、布とキルト芯を裁ちます(一辺が18cmの正方形に裁たれています)。布は全部で4枚、キルト芯は1枚準備します。
A:表部分の表側になる布
B:表部分の裏側になる布
C:キルト芯
D:裏部分のポッケになる布
E:裏部分の裏側になる布
 
鍋つかみ手順2

AとBを外表に合わせ、キルト芯をはさむ

2:表になる部分を準備します。手順1のBの上にキルト芯を置き、その上にAが布の表が上を向くように置きます。ちょうど、ABの布を外表に合わせ、その間にキルト芯がはさまった状態です。
 
鍋つかみ手順3

3枚合わせて、マチ針で止める

3:手順2で重ねた3枚を、ずれないようにマチ針で数箇所留めます。なれない間は、周囲もしつけ縫いするとよいでしょう。
 
鍋つかみ手順4

対角線を縫う

4:対角線上を1本、3枚合わせて縫います。布とキルト芯がずれないようにするためと、鍋つかみとして利用する際に、この線で曲がりやすくするためです。
 
鍋つかみ手順5

周囲を縫う

5:周囲を布端から約5mmのところで縫います。 布からはみ出ているキルト芯は、カットします。
 
鍋つかみ手順6

Dを対角線でカットする

6:Dの布を、画像のように対角線でカットします。
 
鍋つかみ手順7

カットした辺を1cm内側に折る

7:カットした辺を1cmほど内側に折りアイロンをかけます。端にでている縫い代をカットし、縫い代を布端すぐとその下7mmほどの箇所、2本縫います。
 
鍋つかみ手順8

EとカットしたDを合わせ、周囲を縫う

8:Eの布を、表側が上向きになるように置きます。その上にカットして縫い代を縫ったDを、角が合うように、同じく布の表側が上向きになるように合わせます。周囲を布端から約5mmのところで縫います。
 
鍋つかみ手順9

表部分と裏部分、それぞれ完成

9:画像右は表になる部分(A+B+C)。左は裏になる部分(D+E)。
 
鍋つかみ手順10

表部分と裏部分を、中表に合わせる

10:表になる部分と裏になる部分を、内側に表側がくるように重ねます。返し口を約8cm残し(画像点線)、周囲を縫います。 角の余分な布を、縫った糸を切らないようにカットしておきます。
 
鍋つかみ手順11

出来上がり

11:返し口から布を表にひっくり返します。角はていねいに出してください。この時に一度アイロンで形を整えておくといいでしょう。返し口をまつり縫いで閉じます。画像右も同じ要領で作っていますが、Aになる布には、2枚の布をつないで18cmの正方形にした物を用いています。
 
鍋つかみ手順12

裏側は、こんな仕上がり

12:裏側は、ポケット風に仕上がっています。手順10で、表部分と裏部分を合わせる時に、表部分の対角線の縫い目と、裏部分のカットした対角線の辺(ポッケの入れ口)が、同じ向きになるようにしてください。
 
鍋つかみ手順13

実際に手を入れてみたところ

13:鍋つかみとして利用する時は、裏側のポッケに手をいれて使います。
 

吊るしておくためのループが必要な場合は、細長く縫った布などを、手順10の時に間に挟んで縫うとよいでしょう。

【関連記事】


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。