朝食を抜くと、薄毛・抜け毛の原因に……?

朝食を抜くと、薄毛・抜け毛の原因に……?

朝食をきちんと摂ったほうが、身体には良いとはわかっているけれど、時間がなくて食べられない……という女性は多いようです。朝食には、1日のパワーを与えてくれるだけでなく、体温を上げる効果もあります。今回は、薄毛の大敵である低体温を改善する効果が高い、身体を温める簡単朝食レシピ(洋食&和食)を紹介します。 

身体を温めてくれる食材 

朝食を摂ることで、体温が上昇し、朝から元気に活動できることがわかっています。また、記事「低体温を改善して女性の薄毛・抜け毛を予防!」では、低体温は薄毛・抜け毛の原因のひとつになることをお話いたしました。次に挙げる身体を温めてくれる食材を積極的に摂取して、低体温を改善したいものです。

・ゴボウ、レンコン、ニンジン、ダイコン、イモなどの根菜類
・カボチャ、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
・ニンニク、ショウガ、ネギ、タマネギ、ニラなどの香味野菜
・肉類、魚介類、卵、チーズなどのタンパク質を多く含む食品
・梅干し、たくあん、野沢菜、明太子などの塩に漬けた物
・日本酒、赤ワイン、焼酎(お湯割り)、梅酒などのお酒
・黒砂糖、黒豆、小豆、黒ゴマ、海藻など色の濃い食品

ちなみに、毛髪の原料となっているのはタンパク質。特に納豆などの植物性タンパク質は日本人の体質にマッチしていて、美髪効果が高い食材です。身体を温める食材と一緒に摂ると、美髪効果アップがさらに期待できます。
参考記事:体の中からツヤ髪を育てる、美味しい食生活

反対に、摂りすぎに気をつけたい、身体を冷やす食材は次のようなものです。

・柑橘類、パイナップル、マンゴー、メロンなど、南国産のフルーツ
・キュウリ、レタス、スイカ、トマトなど水分が多い夏野菜
・白いパン、白砂糖、ケーキ、菓子など、精白した小麦や砂糖を使用したもの
・コーラなどの清涼飲料水、ビール、ウィスキー、アイスコーヒー、冷たい緑茶など
・冷たい牛乳、豆乳、豆腐(冷奴)など、冷たくて水分が多い食品

では身体を温める食材に、美髪になれるタンパク質を組み合わせた、簡単にできる洋食&和食レシピを紹介します。→次ページへ