「時短家事」とみなさんが耳にするとき、多くの人は洗濯物を早く取り込める技とか、スピード調理知恵など、個別の家事を早く終わらせるコツを頭に思い浮かべていることと思います。さて、それでは日本の主婦はそういった家事を、総合して一日にどのくらいの時間やっているのでしょう? データから見えてくる、驚きの日本の現状。本当の時短とは何なのか。改めて一緒に考えてみませんか。

世界でも例をみない「家事する主婦」大国、日本

P&Gは、家事労働と自由に使える時間とのバランスに関する意識と実態を調べるため、日本の主婦1000人と、アメリカ、イギリス、スウェーデン、中国の主婦各300人の計2200人にインターネット調査を実施しました(『家事と自分時間とのバランスに関する意識・実態調査』)。この結果によると主婦の家事時間は1日平均

日本……264分
スウェーデン……162分
アメリカ……144分
イギリス……132分
中国……114分

と、諸外国に比べてダントツに多いのです。中国やイギリスの倍も家事をしている、日本の主婦って……。

アメリカ、ヨーロッパに住む友人たちからは、こんな話もとてもよく聞きます。
「こっちに来てから家事が本当に楽になった。床は土足だからさほど神経質に掃除をしなくてもいい。食事はほぼワンプレートで終わりだし、毎日ほとんど同じメニューって家も多いの。食器は食器洗い機が洗うし、家事の外注も定番。もう日本へは戻れないかも。日本の主婦は家事のしすぎだと思う」

では、どうして日本人は家事をたくさんしてしまうのでしょう? 次のページで考えていきましょう >>