まずはパートから働きたい

久しぶりの仕事。いきなり正社員ではちょっと不安だし、家庭との両立も考えると、まずは短時間のパートから再就職したいと考えている方にお勧めの求人サイトです。

■おしごとレシピ
アルバイト情報誌大手anの主婦向けサイトで、仕事情報はanにリンクしている。

家庭も仕事も両立したい主婦のために地域密着のパート情報が掲載されている。勤務地区・勤務時間・職種と細かく設定して、パート・アルバイトの求人を探すことができる。パート探しに役立つ特集記事やパート・アルバイトを始めるための情報もあり、初めてのパート探しにお勧め。

■e-aidem(イーアイデム)
新聞折り込み求人広告のアイデムのweb版。仕事ジャンルや働くスタイルなど、いろいろな条件で地域密着の求人を検索できる。パートのほかに派遣や社員の求人もあり。

主婦向けの探し方でお勧めなのは「メリット」情報を選択すること。「扶養控除内」や「子育て応援」を選ぶと、主婦向けの求人を簡単に探すことができ、webから直接応募もできる。

■しゅふJOB
主婦(主夫)向けの総合求人検索サイト。人材会社ビースタイルが運営。主婦向けのパートから社員の求人、人材紹介会社の求人まで幅広く検索ができる。

特徴は「主婦にうれしい条件」を追加できるところ。「家庭や子供の用事でお休み調整可」や「ブランクOK」など主婦の仕事探しの重要ポイントはもちろん、「お昼は自宅に一時帰りOK」や「仕事中に化粧室に行きやすい」「社販でお昼が安く買える」など、主婦にはうれしいプチメリットで探すこともできる。

スキルを活かして派遣で働きたい

経験や資格を活かして働きたいけど正社員になるのはもう少し先で…という方は派遣社員として働くことも考えてみてはどうでしょう。
派遣で働くための派遣専門の求人サイトはたくさんありますが、ここでは特に主婦に特化した派遣専門求人サイトをご紹介します。

■派遣@ぱる主婦でママな女性の派遣
総合求人サイト@ぱる内の主婦やママに特化した派遣求人サイト。主婦歓迎の派遣の仕事を中心に紹介している。託児所のある派遣先を探すなど主婦向けの検索ができる。

■はたらこママ派遣
ディップ株式会社が運営する派遣求人サイト「はたらこネット」内のママ向け派遣求人サイト。サイトで紹介している「再就職パーフェクトガイド」では自分の働き方タイプがチャートで確認できたり、育児支援制度や主婦の税金・保険についてなどの説明が豊富。


やっぱり正社員で働きたい

働くならやっぱり正社員で働いていきたい。とはいっても独身のころのように残業ばかりだったり、転勤があったりするのはちょっと……という方には、勤務地限定など女性が働きやすい環境が整っている会社がお勧めです。産休・育休をとっている先輩がいたり、職場復帰の支援があるなど女性に優しい会社を紹介している女性向けの求人サイトです。

■マイナビ転職Woman

女性の積極採用をしている企業の求人が多数掲載されている。正社員・契約社員を中心に、女性が働きやすい会社のフルタイム仕事情報が中心。アパレル・介護、福祉・教育・金融など、女性の希望が多い業界ごとに求人がわかれていて希望求人を探しやすい。

4種類の適性診断を受けることができたり、会員登録すれば履歴書添削を受けることができるなど、久しぶりの転職活動でも役に立つサービスが豊富。


■女の転職@type
女性向けの正社員求人が豊富。しっかり稼ぎたいと思う女性向きのサイト。

自分の経験やスキルを登録しておくと、相性のいい求人をメール配信するサービスやスカウトサービスがある。自力ではなかなか探せない求人と出会える可能性もあり、仕事の方向性に迷っている方にもお勧め。

シングルマザーで頑張りたい

子供といる時間も大事にしながら働ける職場を探そう

子供といる時間も大事にしながら働ける職場を探そう

離婚などでシングルマザーになり、仕事を始める人も多いでしょう。子供を養うために収入をしっかり確保しないといけない、でも子育ても自分でしっかりしないといけないなど、シングルマザーならではの悩みに合わせた働き方や仕事の選び方があります。

ここではシングルマザーの就職情報やお悩み解決法も知ることができる求人サイトを紹介します。

■シングルマザー/母子家庭の就職・転職支援サイト 「はぴシェア」

シングルマザーを対象とした就職・転職支援の総合サイト。シングルマザーに特化した人材紹介会社エイジェックが運営しており、求人企業に直接応募するのではなく、紹介会社に登録してから仕事を紹介してもらうシステム。「シングルマザーのお役立ち情報」など、求人以外にもシングルマザーの転職活動や家庭の悩みごとの解決法など役立つ情報が満載。


<関連記事>
女性の再就職 応募書類の基本
女性の再就職 志望動機の書き方
女性が気をつけたい転職・再就職 自己PRの書き方



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。