志望動機は未来のあなたを表す

あなたらしさが表れている応募書類になっていますか?

あなたらしさが表れている応募書類になっていますか?

自己PRと並んで、応募先の会社が重要視するポイントが志望動機です。自己PRが過去から現在の自分のアピールだとしたら、志望動機は現在から未来のあなたを表すアピールだと言えます。

その会社でどんなビジネスパーソンになりたいのか、どんな仕事をしたいのかをアピールすることで、採用側はあなたが会社にとってどれだけ有益な人材で会社にどれだけ貢献できそうかを測ります。志望動機はあなたを採用するとどれだけ会社にとってメリットがあるかをアピールする項目なのです。これから志望動機を書くときのポイントをお伝えします。

その会社に向けてのオリジナル志望動機を書く

志望動機は会社へ向けたラブレターとも言われます。応募会社にだけ通じる志望動機を記入して「御社は私にとってオンリーワンである」ということをアピールしましょう。職種が同じだからと、別の会社に記入した志望動機をそのまま使ってはいけません。同じ業界や同じ職種でも、どうしてこの会社がいいのかを伝えることが志望動機の一番のポイントです。

業界全体にも目を向ける

応募会社についてのアピールはもっとも大切ですが、その会社が属している業界全体にも目を向けた志望動機を記入することも大切です。業界全体を見ての志望動機を書けるということは業界の動向を研究していることや視野の広さをアピールすることができます。

長期ビジョンでの目標も記入する

長く勤めることができる女性であるということをアピールするためにも、入社してすぐの目標だけでなく、5年後には店長になりたいとか、10年後には○○の技術を身につけて指導育成の担当になりたいなど、その会社で長く勤めて努力していくことが伝わる長期ビジョンでの目標を記入しましょう。

次のページでは、女性が失敗しがちな志望動機のNG例を紹介します。