応募する会社が決まったら、まずは応募書類を作成しましょう。最近は面接の前にまずは書類選考をするのが主流です。そのため応募書類がいまいちだと採用どころか面接にすらたどり着けないことも。だからといって応募書類だけ立派にして書類選考を通過しても、面接で書類と本人のギャップがありすぎて不採用になってしまいます。あなたらしさを大切にしつつも応募先の会社にしっかりとアピールできる応募書類を作成しましょう。

ここでは特に女性向けに、自分をアピールできる自己PRの書き方と、女性が失敗しがちなパターンをを解説します。

応募書類とは

自分を魅力的に伝える応募書類を作ろう

自分を魅力的に伝える応募書類を作ろう

応募先が決まったら用意するものはまず応募書類。企業によって指定の用紙がある場合もありますが基本的には履歴書と職務経歴書の2本セットが主流です。職務経歴書は自己PR書や自己紹介書などの呼ばれ方をする場合もあります。資格が必要な仕事に応募する場合は資格を証明する書類を求められることもあります。資格証明書などはしっかり保管しておくことも大切です。

勤務歴を伝える履歴書

あなたの氏名住所年齢などの身元情報や、学歴・職歴・資格などの必要最低限の情報を端的につたえるものです。自己PRや志望動機を書くスペースもあります。履歴書は、あなたより先に応募企業へ面接にいってくれるあなた自身の証明書。応募先の担当者が「この人なら安心だから会ってみようかな」と思える履歴書を作る心がけるが必要です。

そのためには、基本に忠実に当たり前のことをきちんと書くことが大切です。意外とビジネス文書の基本ができていない履歴書を提出している人も多く、そういう履歴書はどんなに立派な経歴をもっていても読んですらもらえない場合もあります。

  • 全項目を記入していて空欄がないか
  • 学校名や会社名を省略せずに書くなど、ビジネスマナーの基本ができているか
  • ビジネス用の服装をした写真を貼っているか
  • 字を丁寧に記入して読んでくれる採用担当者に対する礼儀をもっているか

こうしたビジネス文書の基本が意外とできていないことがあります。特に女性が転職する職種として希望が高い事務職の場合、履歴書は手書きでと指定している企業も多くあります。字の丁寧さや文書をきちんと書けるかは、選考の重要なポイントでもあるからとも言えます。入社してから、この人ならきちんとした仕事をしてくれそうだなと思える履歴書を書きましょう。

次のページは、職務経歴書、自己PR書・自己紹介書の基本を紹介します。