暖房器具は、地域や部屋の広さ、ライフスタイルなどにかなったものを選ぶことが大事です。それぞれの暖房器具のメリットやデメリットなど、自分の部屋に合ったものを選ぶためのヒントをお届けします。

※値段の記載がありますが、あくまで目安です。機能やメーカーによって異なりますので、ご自身でよくご確認の上、お買い求めください。

すでにエアコンが部屋についているけれど……

エアコン

エアコンだけで十分という部屋もあります。でも、「電気代が高い」「エアコンだけじゃ寒い」というときは…?

エアコンを使った1ヶ月の電気代は7000円。それをガスファンヒーターに代えたら、電気代が4000円弱になった経験があります。ガス代は1500円ほど上がりましたが、だいたい半分くらいの光熱費に抑えられたことになります

暖房器具というと「最初からエアコンがついているから十分じゃないの?」と思うかもしれません。もちろんエアコンだけで足りる場合もあります。ただし、すでに設置されているものは自分で買ったものと違い、旧式だったり、購入費用を安く抑えるために機能が劣ったものということも考えられます。

エアコンをつけない時期に比べて極端に電気代がかかる場合や、部屋にいる時間が短いにも関わらず、電気代が高額になる場合は、暖房器具を見直してみるのがおすすめ。また、他の暖房器具と併用し、より効率よく暖めるのもひとつの手です。

暖房器具の特性を見極めよう

暖房

あなたの部屋にはどんな暖房があると快適に過ごせるのでしょうか。部屋の広さや地域、ライフスタイルから考えてみましょう

暖房器具は「部屋全体を暖めるもの」と「部屋や身体の一部を暖めるもの」に大きく二種類に分けられます。

エアコンやファンヒーターなどは部屋全体を暖めるもの。主暖房として使うもので、ワンルームのような一人暮らし向けの部屋であれば、いずれかひとつあれば、足りることが多いです。ただし、部屋の広さや造り、地域や個人差によって、スポット的な暖房器具を併用すると、より効果的です。

また、電気ストーブやこたつなどは部屋や身体の一部を暖めるもの。 いずれも照射されている方向や、触れている部分を中心に温度が上がり、部屋全体は暖まらないため、「主暖房と併用して使いたい」「寝る前までの短時間だけ使いたい」「主暖房が行き届かないところに使いたい」といった補助的なもの、スポット的なものとして使われることが多いです。

次のページでは、「部屋全体を温める暖房器具」を具体的に挙げ、そのメリット・デメリットを紹介していきます>>