暖房器具は電気式が人気なワケ

電気暖房器具の中で最も種類が多い「ヒーター」

電気暖房器具の中で最も種類が多い「ヒーター」

ここ数年、住宅の気密性向上・温暖化による気温の上昇・灯油の価格高騰など、様々な要因から、メインの暖房器具をエアコンに採用している人が増えています。それに伴い、サブとして導入する暖房器具に電気式が多く採用されているようです。

電気の暖房器具は、燃焼系の暖房器具に比べ、室内の空気が汚れにくいこと。高齢者や小さいお子さんがいる家庭では、炎が出ないため安全性が高いことなどが、人気の理由となっています。また、タイマーで入り切りができたり、温度設定が細かくできるなど、コントロールしやすく扱いやすいのも電気式暖房器具が好まれる所以です。

「電気暖房」と言っても、古くはコタツやアンカから、電気ストーブ・ホットカーペット・オイルヒーターなどなど、その種類は実にさまざまなものがあり、それぞれの長所短所も異なります。使う場所やシーンによって、適切なタイプを選ぶことで、快適性だけでなく経済的にも大きく影響するので、機器の特徴を正しく理解した上で、使い分けることをおすすめします。

しかし、家庭の一般コンセントは上限が1500Wになっているため、暖房器具の出力も1500W以内の製品しかありせん。その結果、一台で10畳を超える大きな部屋全体を暖めることはできません。また、電気式の暖房器具は、灯油など他の熱源に比べて、光熱費が高いのが最大の弱点。寒冷地などは、他の熱源と併用するのが賢い使い方といえるでしょう。

この記事では、電気式の個別暖房器具(エアコン・床暖房など施工を伴う機器を除く)を選ぶ際に必要となる基礎知識をまとめてみました。


暖房器具の分類

暖房器具は「部屋の空気を暖めるタイプ」と「身体を暖めるタイプ」の、大きく二つに分類できます。それぞれどのような機種があるのか、整理してみましょう。

■部屋全体を暖めるタイプ
部屋全体を暖めるタイプ。具体的な機器は以下となります。 ここに該当する器具には、さらに2つのタイプがあります。

(1)温風で暖めるタイプ(対流式)
空気の対流を起こして部屋を暖める「強制対流」の暖房器具です。早く温まりますが、体に風があたるなど不快感があるのがデメリットです。
  • ファンヒーター
    温風で暖めるタイプ。立ち上がりが早いので、寒さをすぐに緩和させたい時に向く。小型なものが多く扱いやすい。部屋全体からスポットタイプまで幅広く対応可能。
(2)赤外線でじんわり暖めるタイプ(輻射式)
温度差により生じる空気の対流で部屋を暖めるため「自然対流式」ともいわれます。自然対静かで穏やかなため快適性が高いのですが、暖まるまでの時間がかかります。
  • 赤外線ヒーター(電気ヒーター)
    電気ストーブ、セラムヒーター、カーボンヒーター、パネルヒーターなど、形状により名称はさまざまだが、基本的に遠赤外線ヒーターで暖めるタイプ。部屋全体を暖めるにはそれなりの時間がかかるが、立ち上がりが早いので、器具のそばならすぐに暖かさを感じる。急いで寒さを緩和させたい時に向く。
  • オイルヒーター
    機器本体内のオイルを加熱して暖めるタイプ。立ち上がりは遅いが、無風で柔らかな暖かさが特徴。他のヒーターに比べると価格は高め。
■身体を直接暖めるタイプ(伝導式)
身体が接触することで熱が伝わり暖かくなるタイプ。部屋全体を暖めるパワーはありません。代表的なものは以下の通り。
  • ホットカーペット
    カーペット自体が暖かくなり、身体を暖めるタイプ。カーペットに触れていないと暖かさは感じないが、安全性が高く邪魔にならないので、導入しやすい。
  • こたつ
    昔からある日本の代表的な暖房。こたつの中に入っている身体の部分は非常に暖かい。居間や食卓のテーブルと兼ねられるので、省スペース。
  • あんか、ひざ掛け、カイロ など
    身体の一部分だけを暖める小物。最近は充電式のタイプが人気。部屋全体を暖房するより省エネなので、エコ意識の高い人におすすめ。

理想的な暖房計画~違うタイプを組み合わせる

先に書いたとおり、暖房器具にはそれぞれ暖め方に特長があります。そのため、「エアコン+ホットカーペット」「ファンヒーター+こたつ」など、【部屋全体を暖める暖房器具】と【身体を暖める暖房器具】の両方を組み合わせて使うと、快適な暖房が実現できます。

また、寒い時に空間全体の暖房を2つ使う際も、「エアコン+ファンヒーター」や「電気ヒーター+オイルヒーター」のように、【対流式】同士【輻射式】同士を組み合わせるのは不効率です。暖房器具を選ぶ際は、ぜひ、このような視点を忘れずに選んでください。
 

電気代について

電気暖房は1000Wを超えるものになると、その電気代も気になるところ。また、本体の消費電力はもちろんのこと、どのくらいの時間使用するのかにより、電気代が大きく変わりますので、購入時にはその点も確認しておきたいものです。

1000W×1時間=1kWh=27円で計算すると…
100Wのヒーターを1時間使った場合の電気代は、2.7円となります。
1000Wのヒーターを1時間使った場合の電気代は、27円となります。

それぞれの器具の消費電力を元に計算してみてください。
例: 600Wなら、1時間で16.2円、1200Wなら、1時間で32.4円
※1kW=1000Wなので、600Wは0.6kW、1200Wは1.2kW

※参考記事:“電気暖房”の電気代ってどの位?


暖房器具のメンテナンスチェック

季節家電はシーズン終了後のお手入れが大事です。翌シーズンも快適に使うためには、どのような手入れが必要になるのでしょうか? メンテナンスのしやすさは購入時の判断材料のひとつとなるので、チェックが必要です。

  1. ヒーター・フィルター・ガードなど、メンテナンスが必要なパーツがどれくらいあるか?
  2. ヒーターや本体の汚れは、どのように落とすか?
  3. 使用しない期間ホコリが付かないよう、カバーなどかあるか?

詳しいお手入れ方法は機種により異なります。店頭で取扱い説明書を確認すると良いでしょう。

それでは、アイテム別に選び方を整理してみましょう。

1. ファンヒーター・赤外線ヒーターの選び方
2. オイルヒーターの選び方
3. ホットカーペットの選び方
4. ヒーターのメーカー別特徴

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。