ホットカーペットのメーカー別情報

足元だけを暖めることができるホットカーペットは、直接床に座ることが多い日本特有の暖房器具、と言っても過言ではありません。そのため、取り扱いメーカーも国内メーカーが主ですが、一部海外メーカーからも発売され出しました。

ホットカーペットの本体と、その上に敷くカーペットの組み合わせとなりますが、大手メーカーでは上に敷くカーペットの品質やデザインにこだわった高級タイプも展開しています。それに対し、中小メーカーは価格的に手頃な製品が多いのが特徴となります。また最近は、フローリング柄の樹脂コーティングタイプも、汚れが落としやすいと人気です。使用目的に応じて選ぶと良いでしょう。
 

パナソニックのホットカーペット

サイズ、素材、デザインともに、非常に豊富。7通りの切り替えや、座ったところだけ暖かくなる機能が使いやすく、省エネでもある。本体とカバー別々のタイプがあり、カバーだけ何種類か揃えるなどということも可能。フローリングタイプもあり、バリエーション・機能ともに充実している。

■代表機種:DC-2HAA1A
室温センサーや2面3通りの切り替え、SIAA抗菌・防カビ・防ダニ・ダニバリア・防水などの清潔機能を網羅している。


 

富士通ゼネラルのホットカーペット

電磁波99%カットを全製品に採用しているのが最大の特徴。サイズや素材、デザインとも豊富。7通り切り替えはじめ、床への無駄な放熱を防ぐ構造、暖め過ぎを防ぐ省エネ運転モードなど、細かな配慮がされている。今年は製品展開数は縮小の傾向。

■代表機種: FHC-20F-M
お手入れが楽な、フローリングタイプ。表面は防水加工が施されているので飲み物をこぼしても安心です。小さいお子さんや、ペットの居るご家庭に人気。

 

YAMAZEN・森田電工・コイズミ・広電などのホットカーペット

商品展開は、大手メーカー同様豊富。本体価格は手ごろだが、省エネ機能や切り替え機能など、+αの機能が少なくなっている傾向がある。

■代表機種:SUS-200(YAMAZEN)
手持ちのラグの下に引く、ヌードタイプ。手頃な価格で人気。 

【関連サイト】

パナソニック 電気カーペット
富士通ゼネラル ホットカーペット


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。