一人暮らしの電気代の平均はいくら?

電気代

「うちは高いの? 安いの?」ちょっと気になる一人暮らしの電気代について調べてみました

「うちの電気代は高いのかな?」「他の一人暮らしはいくらぐらいなんだろう」というのは誰もが気になるところ。そこで総務省統計局による「家計調査」を参考にして、一人暮らしの電気代の平均を調べてみました。

■単身世帯の電気代平均(月額)※単位は円
 
 
単身世帯全体 勤労単身世帯
年額 月額 年額 月額
2017 64704 5392 50633 4219
2016 63839 5320 49776 4148
2015 67189 5599 51626 4302
2014 66784 5565 52651 4388
2013 65779 5482 52156 4346
2012 61696 5141 48329 4027
2011 57608 4801 47119 3927
2010 60190 5016 47692 3974
2009 57231 4769 46096 3841
2008 58421 4868 49399 4117
平均 62344 5195 49548 4129

2008~2017年までの10年の単身世帯の電気代の月額平均は「5195円」。2011年の東日本大震災の翌年から大手電力会社の電気料金の値上げが続いているため、2012年を境に高くなっています。

また、単身世帯全体から働いている人を抜き出した勤労世帯の月額平均は「4129円」で、単身世帯全体の平均よりも1000円程度安い傾向に。これは日中家にいる時間の長さが影響しているのではないかと思われます。

電気代は季節によっても大きく変わるため、平均値で「今月安かった!」「高かかった!」と一喜一憂する必要はありませんが、目安として月に4000~5000円程度というのが一人暮らしの平均的な電気代です。

一人暮らしの電気代、どんな人・どんな生活だと高くなる?

一人暮らし

一人暮らしの電気代は性別や年齢、地域、仕事などによっても変わります

一人暮らしの電気代平均を見て、「私はもっと高いんだけど…」「こんなにかからないなぁ」という人もいるはず。そこで続いては「性別」「年齢」「地域」「従事する産業」「企業規模」などに分けて、もう少し詳しく一人暮らしの2017年の電気代を調べてみました。

■性別と年齢別・一人暮らしの電気代平均(月額)※単位は円

  全体 男性 女性
年額 月額 年額 月額 年額 月額
~34歳 38064 3172 37464 3122 39000 3250
35~59歳 61104 5092 61104 5092 61116 5093
60歳~ 75252 6271 73368 6114 76248 6354
平均 64704 5392 60516 5043 68412 5701
※年額は、月額を12倍した数値

性別では、女性の方が電気代が高くなる傾向にあります。全世代平均で年8000円近くもの差があります。また、年齢が上がるにつれて、電気代は高くなり、全体平均で「~34歳」「60歳~」では年37000円近くも差があります。

■地域別・一人暮らしの電気代平均(月額)※単位は円

北海道・東北 6171
関 東 4927
北陸・東海 5272
近 畿 5635
中国・四国 5711
九州・沖縄 5653

電気代が最も高いのが「北海道・東北」、一方最も安いのが「関東」となっていて、その差は1000円以上。実は、電気料金は全国一律でなく、電力会社によって違います。また、気候による地域の差も電気代に影響します。

■従事する産業と企業規模別・一人暮らしの電気代平均(月額)※単位は円
<産業別> 
製造業 3703
サービス業 4616
その他 4171

<企業規模別>
1~29人 5020
30~99人 4946
100~299人 4879
300~499人 4951
500~999人 3801
1000人~ 3405
官公 3379

従事する産業については、「製造業」「サービス業」「その他」というざっくりとした分類しかなかったため、一概には言えませんが、「サービス業」は電気代が最も高い傾向にありました。また、勤務する企業規模は人数が増える大企業ほど電気代が下がる傾向にあります。

一人暮らしの電気代節約方法

エアコン

契約を見直したり、エアコンの使い方を工夫することによって、一人暮らしでも電気代の節約が可能です

■アンペア数を変更する
電気代は基本料金+電力量料金で決まります。

電力会社によりますが、契約をするときにアンペア数を決める必要があり、それにより基本料金が変わります(大手電力会社では、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力がアンペア制を取り入れています)。アンペアとは電流の単位で、契約するアンペア数によって使える電量が変わります。

日中部屋にいることが少ない一人暮らしでは、20Aの契約が一般的。それ以上の契約になっている場合は、契約アンペア数を下げると、基本料金が下がり、節約につながることがあります。ただし、一人暮らしでも多く電気を使う生活をしている場合はアンペア数を下げると、一度に複数の家電が使えなくなるなど、デメリットもあるので注意してください。

なお、賃貸住宅でアンペア数を上げる場合は工事が必要となったり、建物全体での契約量が決まっていたりと制限があることがあるので、大家さんや管理会社に問い合わせをすることをおすすめします。

■電力会社を変更する
2016年の電力自由化により、自分で電力会社を選ぶことができるようになりました。それぞれ特長があり、上手く利用すれば、同じように電気を使っていても電気代を下げることが可能です。ただし、基本的には電気をたくさん使う人ほど料金が下がるため、一人暮らしではメリットがないことも。また、一人暮らしの多くが契約している20Aではそもそもサービスがないこともあります。電力会社を変更する場合、よく比較検討してください。

ちなみに、賃貸住宅でも電力会社を変えることは可能ですが、住んでいる物件が高圧一括受電契約をしている場合は、電力会社を変更することができませんので、確認してください。

■電力会社プランを変更する
電力会社を変更できなくとも、現在使っている電力会社でそのプランを変更することで電気料金を下げることができる場合があります。基本料金がかからないプランや、夜の電気料がオトクなプランもあるので、まずは現在契約している電力会社の情報を調べてみることをおすすめします。

■エアコンを上手に使う
夏場のエアコンの使い方でも電気代は変わります。エアコンに頼りすぎない夏の過ごし方のコツは、ガイド記事「一人暮らし向け涼しい部屋の作り方」にまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

【関連記事】
お金をかけずに涼しくなる6つの方法
一人暮らし向け!部屋全体を暖める暖房器具選び



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。