一般的に、「家賃の目安は月収の3分の1」と言われています。毎月の月収が18万円なら家賃は6万円、月収が24万円なら8万円が上限ということになりますが、実は月収がいくらであっても同じように「月収の3分の1が目安」というわけではありません。
もう一度給料との関係を見直そう

もう一度給料との関係を見直そう

 
【一人暮らしの家賃目安・目次】  

「家賃は月収の3分の1が目安」とは限らない!

たとえば、月収が次のような時、3分の1を家賃の上限とすると、

・月収12万円→家賃4万円、残り8万円
・月収18万円→家賃6万円、残り12万円
・月収24万円→家賃8万円、残り16万円

となります。

毎日生活していくために、家賃以外にも生活費がかかります。電気、ガス、水道、電話といったライフラインから食事、レジャー、車の維持などの費用まで実にさまざま。となると、家賃を差し引いた残りで生活しなければなりませんから、月収が少ない人は家賃はなるべく抑えめにしておきたいものです。

また、どんな生活をするのかによって、どこにお金をかけたいかは人それぞれ。ファッションや美容に興味のある人、ゴルフや旅行に何度も出かける人もいれば、家でゆったりと過ごしたい人、貯金したい人など、ライフスタイルによって必要となる金額が変わります。趣味にお金を使いたいなら家賃は抑えめに、自宅でのんびりしたり友人を招くことが好きならば、多少家賃は高めでも自分の気に入った部屋を借りるなど、どこにお金を使うのかをまず決めることが大切です。

 

一人暮らしの生活費の目安や相場はいくら?

一人暮らしをすると、生活費はどのくらいかかるでしょう? ある例を紹介してみましょう。
 
1ヵ月間にかかる生活費 月収23万円の場合  
家賃 76000円 ※管理費込み。月収の3分の1
電気、ガス、水道などの光熱費 約10000円
通信費 ※プロバイダ、携帯電話など 約10000円
NHK受信料 ※CATVなど含む 約5000円
食費 約40000円 ※外食が多いほど出費がかさむ
保険代 約5000円
日用品 約10000円
健康、美容 ※化粧品など 約10000円
洋服代 約10000~20000円

これだけをざっと計算しても毎月約20万円程度の出費があります。
このほか、新聞代3000円、交際費、医療費、お小遣い、飲み代、車を持っているなら維持費、ガソリン代など、かなりのお金がかかるのです。また、会社勤めをしているなら給料から天引きされている年金や健康保険料などもバイト生活なら自分で払わなくてはなりません。さらに、いざという時のために貯金も必要でしょう。自由になるお金はわずか。場合によっては赤字になることも…。家賃は3分の1といわず、できれば4分の1に抑えるのが賢明かもしれません。

 

月収から判断する、あなたの家賃限度額は?

月収別おススメ家賃限度額を算出してみました。ただし、地域によって家賃相場にはかなりの格差があります。東京でバストイレ付3万円の部屋を探そうと思うと大変ですが、地域によっては設備の整ったワンルームが借りられたりしますので、あくまでも目安として参考にしてください。
月収 おススメ家賃限度額 月収に対して
12~15万円 4~5万円程度 約3分の1
15~20万円 5~6万円程度 約3分の1
20~30万円 6~8万円程度 約4分の1~3分の1
30万円以上 8~10万円程度 約4分の1~3分の1
 

一人暮らしの家賃計算は『管理費』込みで考えて!

忘れてはならないのは、管理費・共益費のこと。エントランスホール、外廊下、エレベータなどの共用部分の設備を維持するために、その清掃代や点検料などを住戸数で月割りしたものが管理費になります。家賃だけでなく、管理費まで含めた金額で月収の3分の1におさまるかどうかを考えましょう。

また、賃貸では2年ごとに更新料が発生します。賃貸の契約期間が終わりに近づくと、賃貸契約を継続するか終了するかという問い合わせが不動産会社などからあります。更新料と更新手数料を合わせると、家賃の1~1.5ヵ月分が必要。その分も貯金することを忘れずに!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。