家賃を滞納したらどうなるのか

家賃を滞納したらどうなるのか

「今月、家賃の支払い、ピンチだな~。来月まで待ってもらえないかな?」なんて思い、ついつい家賃の支払いを滞ったこと、ありませんか?「1ヵ月くらいならいいや~、次の月にまとめて払えば」というのは借主の考えですね。
でも、賃貸経営をしている大家さんにとって、毎月の家賃収入は重要な資金源です。賃貸経営は、ラクして儲かる商売ではなく、大家さんはローンの返済、税金の支払い、建物の維持・メンテナンスなどの費用、また自分の生活費などを家賃収入から支払わなければなりません。

ですから、借主が家賃滞納をしたら、大家さんはとっても困るのです。では、実際家賃滞納をしたら、どんなことになるのでしょう?
   

家賃の支払いを滞納したら、まずは電話がかかってくる

振込を忘れていませんか?

振込を忘れていませんか?

家賃振込日を過ぎたり、引き落とし日に残金がなく引き落とせなかった場合、まず数日後に電話がかかってきます。この時点では、
「家賃の振込、お忘れではありませんか?」といったやさしいトーンで話してくれます。うっかり振込を忘れてしまった!という場合には、この時点ですぐに振込みましょう。
 

何度か電話があったり、手紙がくることも

最初の電話で振込がなかった場合、再度電話がかかってくることもあります。そのほか、手紙で知らせがくることもあります。
この手紙は、普通の手紙でくることもありますが、場合によっては内容証明郵便が送られることもあります。
内容証明郵便とは、どんな内容の手紙をいつ、誰が誰に出したのか、ということを郵便局が証明してくれるもの。証拠として非常に有効なため、督促状などに使われます。
 

直接、訪問される!

それでもなかなか入金が確認されないと、直接訪問されることがあります。大家さん本人であったり、管理会社の人であったりしますが、電話の受け応えだけでなく、直接顔を見て話をすれば、大家さん側としても「本当に払う気があるのかな?お金、持っているのだろうか?」と、様子が伺えるため、直接会いに来ます。
そうなったら、いよいよ逃れられません!

連帯保証人にも連絡がいく

借主に電話・訪問・手紙などの方法で催促しても家賃を支払ってもらえなかった場合には、連帯保証人に連絡が行きます。それで、連帯保証人に払ってもらうか、もしくは借主に話をしてもらうよう保証人に念押しをすることになるでしょう。
 

それでも払えなかったら?

このようなやり取りをして、2~3ヵ月ほど過ぎてもまだ家賃が支払われない場合、督促状の内容もちょっと厳しいものになってきます。
ここでもし、このような督促がきてもお金も払わず、しかも部屋も明け渡さない、といった行動に出ると、大家さんとしてはもう訴訟を起すしかありません。その結果、大家さんから賃貸借契約を解除され、家財を差し押さえられ、「○月○日までに部屋を明け渡しなさい!」といった強制退去になってしまうのです。
 

催促方法は、さまざま

ここまで紹介してきた家賃の催促方法は、あくまでも一般例。もちろん、管理会社や大家さんによって方法は異なり、最初から内容証明が送られてくることもあります。でも、一般的には、電話か手紙が多いようです。その内容も、最初は「家賃、払ってくださいね」というものですが、その後は「家賃、払え!!」に変化するようです。
 

滞納金には、金利がかかる

ご存知ですか?家賃の滞納分には金利がかかります。賃貸借契約を確認すると、「遅延損害金の金利」について書かれていると思います。
また、場合によっては滞納の督促1回につき数千円の損害金の支払いを約定しているケースもあります。
滞納すればするほど、通常の家賃以上に返さなければいけなくなるのです。
 

家賃を滞納しそうになったら、まず相談を

万が一、家賃が払えなくなりそうなときには、黙って家賃振込日を過ぎず、事前に相談してみましょう。なぜ家賃が払えないのか、またいつなら払えるのか、どんな状況なのかをきちんと説明すれば、なんらかの対応をしてもらえます。
払えない理由にもよりますが、単に長期海外出張に行くから、とか、入院することになった、など理由が明確ならば、事前に連帯保証人に連絡をしたり、また自分でも保証人と相談することができます。

もちろん、家賃を滞納することはいちばんいけないのです。支払いに無理のない部屋を借りるようにしましょう!
 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。