ネットの情報だけで、本当に十分?

インターネットには物件情報があふれ、写真も沢山掲載されるようになりました。「もう、十分ネットで探したから、わざわざ現地を見学しなくてもいい。いろいろ見たけど、これが安くて一番」と、スマホ片手に不動産会社に契約を迫る人もいると聞きます。

国も、インターネットだけでの不動産取引について検討している昨今、売買契約はともかく、賃貸契約であればネットの情報だけでも十分かもしれない、と思ってもおかしくはありません。

一方で、私も不動産情報サイトを運営していた経験もありますが、物件広告の中には、「これはひどいな」と思われるような、入居希望者をひっかけるような広告も目にしてきました。

サイトの運営者としても取り締まりを強化し続けてきましたが、国交省や公取協も様々な規制強化をしています。その昔は、ありもしない物件広告を掲載して、入居希望者をひっかけて、なんとか来店させてからは「さっき決まってしまった」等と偽り、他の物件を薦めるような悪い不動産会社も存在しました。しかし、今は、そんな事をすると、ライバル店等からもすぐに公取協等に連絡が行き、国交省から営業停止処分等厳しい処分がくだされるようになりました。その結果、存在しない物件を広告する、いわゆる「オトリ広告」は激減しているのです。

しかし、その一方で、なんとか、店に呼びたい不動産会社は、ひどい物件をなんとか良さそうに見せかけようとする工夫も増えてきています。雨の日に撮影するよりも、晴れの日のほうが綺麗だから写真を撮り直す、というぐらいなら「工夫」の範囲ですが、なかには、行き過ぎた工夫が散見されます。

そこで、ネット広告に騙されないための、見る側が気を付けるべきポイントについて、論じたいと思います。


 

写真が極端に少ない物件広告

koukoku

画像が少ない

不動産情報サイトでは、今、ひとつの物件当たりの写真の量が増えています。より写真が多い方が、入居希望者も自分がどんな暮らしが出来るのかイメージしやすく、反響を獲得しやすいからです。不動産会社の社員は、ライバル店舗よりも沢山写真を載せる事を競い合っているともいえます。

にもかかわらず、あえて写真が少ないという物件は、なにか、見せたくない事実があるからでは?と考えたほうがよいかもしれません。

「現在入居中なので、部屋の中の写真が撮れない」「新築物件で建設中なので、写真が少ない」というケースはあるのですが、逆に築古でずっと空室なのに写真が3枚というのはおかしな話です。写真が少ないというのは、あまり写真を掲載したくない事情があるのかもしれません。実際にあったのは、桜が咲いて一見綺麗な外観ですが、室内の写真は一枚もありませんでした。実はエントランスは真っ暗で、部屋の内部は壁が痛み、バストイレは一緒で不衛生。キッチンも錆びていた。だから、この物件は3枚しか写真を載せていなかったのです。

一方、写真の数だけ稼ぐために、ちょっとずつ角度を変えて、同じような外観写真を何枚も掲載しているような広告もあります。そんな姑息な手を使って物件広告での写真の数競争をしている会社は、信用できません。そうした会社には気を付けましょう。

・写真の数が少ない物件広告は、注意
※新築物件はしかたがないケースもある
※築古物件は、入居予定日が先の場合は室内が入居中で撮れないかも
・築古で即入居可なのに、写真の数が少ないのはおかしい
・同じような写真で、数を稼ぐような不動産会社は信用しない

物件写真は、いわば証拠写真。沢山の写真が載っている広告を参考にしましょう。

■では、写真がそれなりに多ければ大丈夫なのでしょうか?
そうとはいえません。次のページで、更に解説します