家賃が安ければお得物件!?


毎月支払う家賃も、最初に契約するときにまとめて払う初期費用もどちらも安いものではありません。ですから少しでも安いものを借りたいと誰でも思いますが、賃貸では「安い=賃料が安い」という訳ではありません。礼金や敷金、その他の費用など、入居から退去するときまでの総額費用で考えるのが、賢いユーザーと言えるのです。

入居から退去までにかかる費用はなに?


ここで、部屋を借りるときにかかる費用をおさらいしておきましょう。
家
部屋を借りるのにかかる費用は意外と高額。できれば少しでも安く押さえたいもの


◎初期費用
・礼金
・敷金
・仲介手数料
・前家賃(家賃は基本的に前払い)
(・保険代)
(・駐車場代)

◎入居中
・毎月の家賃
・更新時には更新料・更新手数料

◎退去するとき
・原状回復費、クリーニング代など
(ただし、契約時に払った金額より追加請求がある場合)

この中で、値引き交渉ができるのはどれでしょうか?敷金は値引きしてもらうこともあるかもしれませんが、退去するときのクリーニング代・原状回復費用などが別途必要になることもあります。また、敷金は入居中に家賃が払えなくなった時のための保証金の意味合いもありますので、ここを値引きしてもらうことはあまり賢いこととは言えません。初期費用は安くなりますが、退去時の返金費用が減少する、または請求金額が増加するということになります。

となると、礼金や家賃、仲介手数料などを値引きしてもらうのが値引き効果が高いと言えます。

>>>入居期間が決まっているなら、値引き交渉がしやすい!?