突然ですが、賃貸住宅って「更新料」というお金がかかること、ご存知ですか?
今回は、これらのお金についてまとめてみました。

「更新料」は2年ごとにかかる!

一般的な賃貸住宅の場合、契約期間は「2年」として最初に契約します。つまり、「この部屋を借りたい!」と思うと、2年間住むことができ、さらに続けて住みたい場合には、契約の更新(再更新)をしなければいけないのです。
このとき、更新料が発生するのです。


更新料はいくらかかる?

更新料はだいたい家賃の1~2カ月分が相場。賃貸住宅に住んでいて、契約期間が終わりに近づくと、たいていは「このまま住み続けますか?それとも部屋を解約しますか?」という問い合わせが大家さんや不動産会社からあります。そのとき、退去するならばもちろん更新料はかかりませんが、まだそのまま住み続ける場合には、契約更新することになります。その際、更新料がかかるわけです。

更新料は、2年契約の賃貸住宅なら2年ごと(2年目、4年目、6年目・・・)にかかりますから、予定していないと思わぬ出費になりそうですね。


また、更新料以外に「更新手数料」あるいは「更新事務手数料」という名目のお金がかかることがあります。更新料は賃貸住宅を貸してくれている大家さんに支払うものですが、たいていの賃貸住宅は大家さんと入居者の間を不動産会社が仲介していますから、更新などの手続きも不動産会社が行います。その業務をこなすために「更新事務手数料」が必要だというわけです。その費用は、1~数万円程度が相場。
首都圏では、大家さんが受け取った更新料から不動産会社に手数料を支払っていることが多く、入居者が更新事務手数料を払うことは少ないです。