暖房器具は「一人暮らしにこれがベスト」と一概に言えるわけではなく、地域や部屋の広さ、ライフスタイルなど、それぞれにかなったものを選ぶことが大事です。合わないものでは真冬に寒い思いをしたり、光熱費の無駄につながったりすることもあります。

そこで今回は、一人暮らしのための暖房器具の基礎知識、また暖房器具の中でも「部屋全体を暖めるもの」それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します。

※ 値段の記載がありますが、あくまで目安です。機能やメーカーによって異なりますので、ご自身でよくご確認の上、お買い求めください。

すでにエアコンが部屋についているけれど…

エアコン
部屋の最初から設置されているエアコンを使えば、面倒もなくて、ラクだし、購入するお金もかからずに済むけれど…。
暖房器具と言われたとき、「最初から部屋にエアコンがついているから、これで十分じゃないの?」と思うかもしれません。

もちろんエアコンだけで足りることもあります。ただし、すでに設置されているものは、かなり古いものだったり、購入費用を安く抑えるために機能が劣ったものという場合があります。新しいエアコンは省エネ化されているものが多いですが、古いものは電気代が高くなったり、部屋が暖まりにくく効率が悪いことがよくあります。

ちなみに
エアコン

部屋の最初から設置されているエアコンを使えば、面倒もなくて、ラクだし、購入するお金もかからずに済むと思うかもしれないけれど…

、私が最初に一人暮らしをした部屋では古いエアコンが設置されていたため、エアコンで暖を取っていた冬場一ヶ月の電気代は7,000円でした。それをガスファンヒーターに代えたら、電気代が4,000円弱に。ガス代は1,500円ほど上がりましたが、ざっくりと考えて、半分くらいの光熱費に抑えられたことになります。

一人暮らしで、エアコンをつけない時期に比べて極端に電気代がかかる場合や、仕事や学校などでそれほど長く部屋にいないにも関わらず、電気代が高額になる場合は、暖房器具を見直してみるのがおすすめです。また、他の暖房器具と併用することで、部屋をより効率よく暖められる場合もあります。

暖房器具の特性を見極めてから買おう

くつろぐ

自分だけの一人暮らしの城。冬の季節も快適に過せるように、ぴったりの暖房器具を探してみましょう

暖房器具と一言で言っても、実際に電気屋さんに足を運んでみると、たくさんの種類がありますが、「部屋全体を暖めるもの」と「部屋や身体の一部を暖めるもの」に大きく二種類に分けられます。

例えば、エアコンや石油・ガスファンヒーターなどは部屋全体を暖めるもの、また電気ストーブやこたつなどは部屋や身体の一部を暖めるものです。部屋の広さや生活のスタイル、用途によって、どの暖房器具が最も効率的かは異なります。

そこで、次のページからは、部屋全体を暖める暖房器具についてピックアップします。一人暮らしに合わせたメリット・デメリットもご紹介しますので、自分の生活スタイルと照らし合わせながら選んでみてくださいね。

次のページからは、部屋全体を暖める暖房器具について、そのメリットとデメリットをお届けします。購入前の参考に>>次のページへ