電子レンジ・オーブンレンジ

自炊しない人でも用意しておきたいのが電子レンジ。一人暮らしのための選び方を紹介します

一人暮らしを始めるときに、まず揃えておきたい電子レンジ・オーブンレンジ。作り置き料理やお弁当、惣菜、冷凍食品を温めたり、調理時間や手間を短縮させることもできるため、一人暮らしには欠かせない便利なアイテムですが、種類や機能が増え、価格差も広がったため、どれを選んだらいいのか、わかりにくい家電のひとつでもあります。

そこで今回は、一人暮らしのための電子レンジの選び方について紹介します。自分にはどんな電子レンジ・オーブンレンジが必要か、検討してみましょう。

※ 値段の記載がありますが、あくまで目安です。機能やメーカーによって異なりますので、ご自身でよくご確認の上、お買い求めください。


電子レンジ・オーブンレンジがあると、どんなことができる?

電子レンジ

電子レンジがあると、料理の幅が広がります

初めて一人暮らしをする人の中には、「電子レンジは、冷めた料理を温めることくらいにしか使わないんじゃない?」と思っている人もいるかもしれません。でも、その機能は単に『温める』だけの単機能レンジではなく、オーブン・グリル機能のあるオーブンレンジが主流。『解凍』『茹でる』『炊く』『煮る』『焼く』、中には『揚げる』ことができるものまであり、これをうまく使いこなせば、狭いキッチンや忙しい生活などで大変な一人暮らしの家事も、その負担を減らすことができます。

例えば、一口しかコンロがないキッチンでも、コンロでは炒め物、電子レンジでは茹で物と分ければ、一度にふたつの料理を作ることができます。しかも、野菜などはお湯で茹でるよりも、電子レンジで加熱した方が栄養を逃さずに食べられるんです。電子レンジで、パスタやご飯を上手く茹でたり炊いたりできる容器も販売されており、一人分なら、短時間で便利なこともあります。

また、「料理はしないから、オーブンやグリルの機能は要らない」という人もいるかもしれませんが、パンのトーストや、ピザなどの冷凍食品にはあると便利。お惣菜の揚げ物も電子レンジで温めるよりオーブンで温めた方が美味しく食べられます。自炊はしなくても、「美味しいものは美味しく食べたい」と考えるなら、オーブン機能を検討するのもあり。

一人暮らしを始めるときは何かと物入りで「とにかく安いもの!」と思ってしまうかもしれませんが、値段だけで決めるのではなく、種類や機能などはよく確認した上で購入した方が失敗は少ないです。

次のページでは、電子レンジの種類について紹介します。一人暮らしにはどんなものが便利?>>次のページへ