手縫いの基本となる「なみ縫い」

裏も表も同じ針目で、等間隔にまっすぐ縫います。布を縫い合わせる時はもちろん、仮縫いなどにも使います。玉結びと玉どめ、そしてなみ縫いが出来れば、いろんな布の小物が作れますよ!

【手順】
なみ縫い1
 
1:画像の1から針を出し、2に入れ、3から出します。これを矢印の方向に繰り返します。針目の大きさが、いつも同じになるように、まっすぐ縫っていきます。

なみ縫い2
 
2:手順1の画像のように、実際に縫っているところです。

なみ縫い3
 
3:表から見ると、こんな感じに仕上がります。

なみ縫い4
 
4:こちらは裏から見たところ。表の針目と同じです。

「なみ縫い」は「ぐし縫い」とも呼ばれます。実際に縫う時は、ひと針ずつ針を抜かずに、何針か縫い進めてから針を抜きます。なかなか真っすぐ縫えない場合は、チャコペンシルなどで直線を下書きしてから、その上を縫ってみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。