小規模な物件が中心で
価格は中古になっても高め


国道246沿いの建物
マンションが多いのは、国道246号沿いや駅前など大きな通り沿い
2005年には新築マンション供給が200戸以上と、比較的豊富でしたが、元々が一戸建て中心のエリアで、大規模物件の建つ土地はなく、100戸前後の物件が中心。そのため、コンスタントに供給はされるものの、大量に供給される可能性は今後も薄いようです。価格は70m2弱で5500万円以上~。60m2台、50m2台のカップル、シングル向けの間取りも目につきます。

中古は駅から5分圏から10分以上圏と幅広い地域で供給されており、駅からの距離と築年数、専有面積で価格にも差が出ます。ただ、3500万円以下の物件は少なく、駅から10分内外で60m2台の3LDKが4000万円弱といったところ。全国的な知名度は低いものの、価格的には下の東京カンテイのデータにもある通り、ハイレベルな街なのです。

【東急田園都市線都内部の中古マンション相場は?】
駅名 平均坪単価 1年前 2年前
池尻大橋 197万円 197万円 195万円
三軒茶屋 187万円 189万円 182万円
駒沢大学 184万円 180万円 186万円
桜新町 185万円 197万円 179万円
用賀 177万円 180万円 167万円
二子玉川 190万円 206万円 185万円
※東京カンテイ調べ。平均坪単価は2005年10月~12月の3カ月の数字。
※駅からの距離などには特段の制限はない


一戸建ても同様に高額です。駅から10分以内、70m2~80m2の土地に建つ3LDK、4LDKで目安は8500万円前後~。場所によっては1億円近くもありえます。また、バス便利用地域でも土地面積が100m2ともなると、1億円オーバーは覚悟しなければならないところ。中古でも7000万円以上は必要です。

賃貸はマンション中心、
テラスハウスなどもあるが賃料は高め


駅から離れた場所の賃貸
駅から離れると、農地なども残り、のんびりした雰囲気に
賃貸では単身者向きのワンルーム、1Kなどを除いてマンションが中心。ワンルーム、1K・1DKで9万円前後から、2DKになると15万円以上、3DKでは20万円以上と、こちらも分譲価格同様やはり高め。30万円以上になると、テラスハウスや一戸建てなども増えてきます。単身
者向きのアパートなら7万円台からですが、駅から10分以上など、多少遠めだったり、古かったりすることも。

また、通り沿い以外はコンビニが建てられない地域が多く、買い物は駅周辺でしなくてはいけないことになります。夜間遅い店舗も限られていますから、深夜族には不向きかもしれません。


桜新町の桜
足回りの便利さと環境の良さが同時に手に入る場所は希少
とはいえ、都心近くで、でも気ぜわしさのない暮らしを望んでいる人にはおすすめの街。四季を感じられる環境で静かな生活が実現できるはずです。

【シリーズバックナンバー】
「ハイソで国際的な下町『広尾』」
「中央線文化漂う住宅街『荻窪』」
「粋と新しい便利さの街『神楽坂』」
「元気、でも静かな街『学芸大学』」
「情報感度高い大人の街『表参道』」
「人に自然に優しい街『自由ヶ丘』」
「季節感と情緒、グルメの街『浅草』」
「自然、雑踏と文化の街『吉祥寺』」
「緑溢れる水辺の都会『二子玉川』」
「セレブで庶民派な街『白金』」
「元気な世田谷の下町『三軒茶屋』」
「意外に住める憧れの超都心『銀座』」
「独自性を貫く学園都市『国立』」
「最先端な庶民派国際タウン『恵比寿』」

【関連INDEX】
東急田園都市線
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。