おすすめ甘味処特集

暑い季節にはかき氷やところてん、寒くなれば熱々のお汁粉、ときにはお雑煮やお赤飯、辛味の餅、軽食なども味わえる「甘味処」。老若男女で楽しめるのが魅力です。さて、今回は今までご紹介した東京の甘味処の中から、おすすめのお店をまとめました。それぞれ詳細記事もありますので、ぜひご覧ください!

(目次)
P1 とっておきの甘味処「竹むら」、「虎屋菓寮」
P2 お昼時に訪ねたい「志むら」、「甘露七福神」
P3 季節により行列するお店「ちもと」、「長命寺 桜もち 山本や」
P4 穴場の甘味処vol1「花園茶寮」、「甘味処 初音」
P5 穴場の甘味処vol2「福島家」、「船橋屋」
P6 足を延ばしても食べたい「紅梅苑」

その1:「竹むら」(神田)

竹むら
「竹むら」。寒い季節には「あわぜんざい」を堪能したい。
昭和5年創業当時そのままの姿を今に伝える神田須田町の「竹むら」。『鬼平犯科帳』などで知られる池波正太郎氏が「昔ながらの汁粉屋の風情だ」と気に入り、贔屓にしていたお店です。名物は、自家製のコクのある餡を用いた「あわぜんざい」と「揚げまんじゅう」。加えてお店で搗いた餅が入る「おぞうに」もおすすめです。

詳細記事:歴史的建造物で味わう「竹むら」神田須田町

竹むら
住所:東京都千代田区神田須田町1-19-2
電話:03-3251-2328
地図: Yahoo!地図情報

その2:「虎屋菓寮」(赤坂、銀座、六本木ほか)

虎屋菓寮
「虎屋菓寮」。東京ミッドタウン店限定ののれん。
とらやの喫茶「虎屋菓寮」。とらや赤坂本店の地下2階、とらや銀座店の2階の落ち着いた雰囲気が好きでよくお邪魔しますが、取材したのは六本木の東京ミッドタウン店。和をテーマとした企画展示ギャラリーも併設されています。ちなみに私の好きなメニューは滑らかなこし餡ののった「あんみつ」。粟羊羹や水羊羹など、トッピングの一品一品手が込んでいる、贅沢なものです。

詳細記事:新たな試み「とらや」東京ミッドタウン店

「とらや」東京ミッドタウン店
住所:東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 東京ミッドタウンガレリア地下1階
電話:03-5413-3541
地図: Yahoo!地図情報

次ページでは、お昼時に訪ねたい「志むら」、「甘露七福神」をご紹介します>>