ほっこりできる中国茶カフェ

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/8/1/01.jpg(103609 byte)
浦安のchinese cafe 茶林香

「そういえば、今年になってから浦安に中国茶のCAFEができたよ」と知人に聞き、先日訪問してきました。

浦安駅北口から徒歩3分。住宅街に向かっていく路地の入口にその小さなお店はありました。

その中国茶カフェの名前は「chinese cafe 茶林香」。オープンは2010年2月7日だったそうです。

シンプルで可愛い作りのお店の前には、メニューの書かれた看板が立ち、ドアのガラスには、お店の名前が白い文字が書かれていました。

店内は靴を脱いで上がります。1階は畳が敷かれ掘りごたつ式のカウンターと厨房があります。カウンターは、4~5人が座れるスペースになっています。背面には、雑誌や茶葉茶器の置かれた棚がしつらえられており、カウンターの上には、お茶うけのドライフルーツや茶盤などが並んでいます。

2階は3~4人向けの個室になっており、テーブルとソファーが置かれていています。子連れの主婦やグループに人気で、ガイドひらたが訪問した際も、近所の主婦のグループが子供連れでランチを食べに来ていました。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/8/1/03.jpg(99596 byte)
シンプルで落ち着けるカウンター



オーナーは、林伸枝さん。上海で商社のOLをしていた時にお茶の魅力に出会い、日本に帰国後、このお店を開いたのだそうです。

もともと林さんは大学時代中国語を勉強し、その後通訳になろうと勉強をしていたそうですが、とある企業の中国事務所立ち上げにかかわることになり、上海へ。

中国ではお茶の勉強もし、茶藝師の資格も取ったそうです。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/8/1/04.jpg(81732 byte)
店内ではお茶の販売もしています



メニューには、その林さんおすすめのお茶がいろいろと載っています。青茶は黄金桂や安渓鉄観音、鳳凰単叢が数種類。黒茶は熟茶を中心に数種類。花茶は茉莉花茶、菊花茶、?瑰花茶、そして白牡丹、中国紅茶、工芸茶、さらにチャイ風プーアールミルクティーなどもありました。

価格も都心の茶館などに比べるとかなりリーズナブル。

そしてこのお店では、これらの中国茶に合わせて手作り杏仁豆腐やふわふわマーラーカオなどのデザートメニューが楽しめます。

ランチタイムには、とてもヘルシーな「お野菜たっぷりヘルシーせいろセット(玄米ごはん&お茶・デザート付)」が限定10食で用意されています。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/8/1/05.jpg(93126 byte)
蒸し野菜たくさんの体に優しいヘルシーランチ



おいしいお茶とおいしいデザートを楽しみながら、気さくなオーナーとお話ししながらほっこりできる素敵なカフェでした。

近々、オーナーは、中国語のレッスンを始めるのだそうです。お茶を囲みながらの語学レッスン。この小さなカフェがサロンとして機能し始めそうな雰囲気ですね。

chinese cafe 茶林香
住所:千葉県浦安市当代島1-14-30
電話:047-705-0388
営業:11:00~19:00(ランチ11:00~15:00)
定休:木曜
席数:10席 (カウンター5席、2階4席)
HP:http://www.chalinka.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。