西中島南方。昔(かなり昔……)、ダウンタウンのネタで「西中島南方先生」が出てくるものがあったのを思い出す方は多い(少ない?)かもしれませんが、正確な位置を地図にプロットできる人は少ないかも知れません。
今回は大阪市淀川区に位置する「西中島南方」駅界隈を紹介します。

新御堂筋と阪急京都線が直角交差するポイント!

地下鉄の駅「西中島南方」
新御堂筋と並行して走る大阪市営地下鉄御堂筋線の「西中島南方」駅。地下鉄とはいえ、この駅から北側は地上にある。
梅田と千里中央を結ぶ新御堂筋。この大阪を南北に貫く動脈と、直角に交差するのが十三から淡路界隈を結ぶ淀川通で、交わる界隈が大阪市淀川区の西中島界隈です。

新御堂筋と並行して走る鉄道は大阪市営地下鉄御堂筋線ですが、西中島界隈では阪急京都線が御堂筋線に直行、すなわち淀川通に並行しています。

その交点にあるのが、大阪市営地下鉄「西中島南方」駅阪急京都線「南方」駅です。余談ですが、「西中島南方」駅は「~ミナミガタ」と読み、「南方」駅は「ミナミカタ」と濁りません。鉄道会社の微妙なこだわりでしょうか?

余談はさておき、阪急京都線と市営地下鉄御堂筋線の両方が利用できるだけでも便利なのに、この界隈はさらに他線が利用できます。

「十三」駅と「新大阪」駅が利用可能!

御堂筋線と新御堂筋
新御堂筋を御堂筋線を高架の下から撮影。ここから少し北に行ったあたりが新大阪駅。
各線「(西中島)南方」駅の隣駅である阪急「十三」駅とJR「新大阪」駅は各々2km弱と1km弱。場所によってはいずれも徒歩圏内(十三は自転車かな?)です。

念のため説明しますと、阪急「十三」駅は神戸線・宝塚線・京都線、すべての優等列車が停車する「梅田」駅同様のターミナル駅。JR「新大阪」駅は、新快速停車駅でかつ新幹線の停車駅です。

日頃の通勤では「(西中島)南方」駅を利用し、レジャーや帰省では「十三」駅や「新大阪」駅を活用。そんなライフスタイルがイメージできそうな場所です。

ちなみに阪急「十三」駅・JR(・地下鉄)「新大阪」駅はそれぞれ阪急「南方」駅・地下鉄「西中島南方」駅の隣駅。徒歩や自転車でなくとも乗換での利用も可能です。それでは次のページからは、西中島南方界隈の街並みを写真中心にご紹介します。