泣けば、ストレス発散効果がある?
寒いとき、悲しいとき、痛いとき、うれしいときに自然に湧き出てくる涙。タダで出てくるからといって、軽んじてはいけません。実は貴重な成分を含み、すばらしい働きをしてくれているのです。今回は涙がありがたく思えてくるお話をしましょう。


すばらしい涙の働き

涙は、目の表面を潤したり、感情の表したり、異性を魅了するだけの働きではありません。例えばこんな働きをしています。

  • 目の乾燥防止
  • 目の殺菌
  • 目の洗浄
  • 角膜などへの酸素供給
  • 角膜などへの栄養補給

    そんな涙の分泌が減少したり、質が変化しておこる目の病気はドライアイと呼ばれ、近年IT化ともになぜか増加している注目の症状です。

    自覚症状としては、目の乾き、痛み、ゴロゴロ感、充血などですから、比較的すぐ気づきやすいと思われます。涙はただの水ではないのです。


    こんなに貴重な成分を含む涙

    無色透明の涙は、実は血液と同じような成分で、こんなに様々な働きをする成分を含んでいます。
     
  • ナトリウム、カリウム、塩素(電解質)
  • ビタミンA ・ビタミンC
  • ブドウ糖(栄養成分) 
  • アルブミン(たんぱく質の主要成分)
  • ラクトフェリン、IgA(抗菌作用、免疫成分)
  • EGF(細胞成長因子)

    重度のドライアイの患者さんには、血液の中の血清成分を分離し調整して作る点眼液で自己血清点眼療法を治療することもあります。


    泣けば、ストレスが軽くなるのはホント

    感情的になって泣いたときの涙には、他の涙とは違う成分が含まれているそう。それは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)。

    つまり、ストレス反応によって分泌された物質が、涙に溶け出して体外に排出することにより、気分がリフレッシュするというわけ。なんて合理的なメカニズムなのでしょうか。

    ですから、生化学的な観点からも、うれしいとき、悲しいとき、辛いときは、我慢せずに、どんどん泣いたようがよいということですね。そうすれば、ストレスを少しでも軽減することができるのです。


    【目の健康 オススメ人気記事】
    1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
    2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
    3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
    4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
    5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項