こめかみを触る女性

このピクつきをどう治せる?

「まぶたのピクピク、これって病気?」では、目の周りのけいれんの出方に注目しました。

それぞれの目の病気はどのような検査で発見され、どのように治せるのでしょうか。


顔面ミオキミア

目の疲れからも一過性の顔面ミオキミアになることがありますが、継続する場合には治療を受ける必要があります。また、脳内部の病気などが要因となっている場合もありますから、注意が必要です。

<症状>

主に、下まぶたがピクピクする

<検査>

眼輪筋を針筋電図で検査して、特徴的な筋放電パターンが見られる場合にこの病気と診断されます。事前に神経内科などで、脳血管のMRI検査などを受けて、隠れた病気の有無を確認する必要があります。

<治療>

顔面ミオキミアをおさめるためには、対症療法として抗けいれん薬が処方されます。


片側顔面けいれん

神経のトラブルによって発生する病気で、片側顔面けいれん治療実績のある眼科か、神経内科や脳外科での検査と治療が必要になります。

<症状>

目の周りのけいれんが、周囲に広がっていきます。

<検査>

神経内科などで、問診と観察などの診察をうけます。脳血管のMRI検査などを受けて、隠れた病気の有無を確認する必要があります。

<治療>

片側顔面けいれんをおさめるためには、対症療法として抗けいれん薬が処方されます。血管の圧迫を解除する手術療法もあります。近年では「ボツリヌストキシン療法」も実施されています。

単に目の疲れからまぶたのピクピクが起こる場合とちがい、継続的に目のまわりのけいれんが起こる場合は、脳の病気など、その原因を詳細に調べる必要があります。


【目の健康 オススメ人気記事】
1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項