小さな穴が、あなたの眼を鍛える

視力回復メガネとか、穴あきサングラスとか、ピンホール・アイマスクといった名称で、ピンホール法を応用したいろんな商品が販売されています。でも、どうしてそれが視力回復に役立つのでしょう? それをどうやって使えばよいのでしょう? 今回は、話題の視力回復ツールをとりあげます。

ピンホール法を取り入れた商品は、不透明もしくは黒い面に、小さな複数の穴があけてあり、そこからのぞくことで、眼球レンズの調整機能が鍛えられ、仮性近視と老眼が回復するとうたわれています。

どんな素材を使っていたとしても、どんな加工がされていたとしても、高価でも安価でも、この視力回復のしくみは、以前「目の健康」でとりあげた、目の疲れを癒すPCソフトの原理と似ていて、眼の望遠運動を促して、視力回復を助けたり目の疲労を和らげる、といったものです。

ただ、ピンホール法は、小さな穴を通った光が、屈折しないで網膜に達するピンホール現象で、ものがはっきり見えることがポイントです。

そこで次のページでは、これらのツールを使った、いくつかのトレーニング方法をご紹介しましょう