30歳を過ぎると脳のはたらきが変わる!?

1
20代までは吸収の時期、30歳からは応用の時期
自分が「もう若いときと同じではない」と感じるのは、いつ頃でしょうか? 一般的には、30歳前後がその境目です。

実際、人間の「脳」の働きでも、おおよそ30歳を境に大きな変化が現れるそうです。新しい情報をどんどん吸収して、脳のネットワークを構築していく働きが活発なのが、20代まで。30代からは、いままで形成したネットワークをつなぎ合わせていく働きが活発になっていくそうです。

つまり、20代までは吸収の時期、30代からは応用の時期、と言えそうです。


30代から人生計画を考えるための
3つのヒント

1
30代からの人生計画を考えましょう
では、30代からはどんなことに留意して、人生計画を考えていくといいのでしょうか? ぜひ、次の3つの点をヒントにしてみてください。

(1) これからのライフステージを想定する
いままで吸収してきたことを、結婚、育児、仕事など、これからのライフステージにどう生かしていくべきか、具体的にイメージしましょう。


(2) 1人で内省する
これからは、自分らしい生き方、オリジナルの価値観、判断基準を築いていく時期です。誰かの意見に振り回されてばかりいると、自分らしい物の見方、考え方が分からなくなります。まずは自分ひとりで内省する時間を増やすことが、大人へのステップアップの第一段階です。


(3) 目標の「大人像」を探す
30代からの人生をはつらつと、ポジティブに生きている具体的な人物を目標にしましょう。ただし、生き方、考え方をそっくり真似するのはNG。オンリーワンである自分を常に意識しながら、憧れの人の良い部分の一部を取り入れるといいでしょう。


若さに執着せず、年を重ねて新しい自分を発見していくことこそ、人生を楽しむ醍醐味です。ぜひ、楽しみながら年齢を重ねていきましょう!


【参考・引用文献】
※『エイジング・コンプレックス』海原純子著(講談社文庫 1996)
※※『海馬』池谷裕二・糸井重里著(新潮文庫 2005)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項