物事の捉え方が人それぞれなのはどうして?

schima1
マイナス思考を直せないのはなぜ?
同じ出来事に直面しても、人によって捉え方が分かれるのはどうしてなのでしょう? それは、人がそれぞれ自分だけの判断基準を持っているから。各人の物事の捉え方を「スキーマ」といいます。

スキーマには、個性による違いがあります。それは、経験や情報から得られる知識が人それぞれに異なり、スキーマが形成される際には、「感情」も一緒に刷り込まれるためです。


スキーマ形成時には感情も
いっしょに覚え込まれる

schima3
物事の捉え方の違いは、「スキーマ」の違い
たとえば、自転車の乗り方を覚える際に、「運転って怖い」という感情も一緒に擦り込まれたら、どうなるでしょう? 自転車だけでなく、乗り物全体に恐怖感を抱くようになるでしょう。

逆のパターンもあります。運転を覚えるときに、「気持ちいい」という気持ちを強く感じたら、運転を自然に楽しむことができるでしょう。

このように、スキーマが形成されるときには、そのときに抱く強い感情もいっしょに認識されます。このとき湧き上がる感情は、状況や環境によっても異なり、またその人のもつ性格によっても異なります。