女性らしさを醸し出す時間も大切に

女性らしさを大事にする時間も忘れずに

女性らしさを大事にする時間も忘れずに

女性が男性と同様に働き、同じような行動パターンをとる権利を獲得したのは、社会に行きる女性たち自身の願いでもありました。同等の条件が整備されれば、同等の能力を発揮して成果を生み出せるという数々の実績が、いわれのない「女性劣等論」への強硬な反論にもなってきました。

とはいえ、それと同時に、今まではなかったような代償も受けとるようになりました。たとえば、男性的な社会に適応することによって、ストレスが増悪して現れる体調の変化(男性ホルモンの影響によるアゴひげ、アゴにきびなどの顕在化、女性ホルモンの分泌の乱れによる生理不順、婦人科系疾患、不妊など)、結婚・出産という女性にとっての一大事業のタイミングを逃す可能性への覚悟、などです。

そして、もう一つ女性の特徴でもある「女性らしさ」を熟成させ、表現する機会を失いつつあることも、女性が男性化することで払ってきたひとつの代償でもあります。

「女性らしさ」とは、実利的な成功やそれによる喜びとは無関係に、女性のなかにあるひとつの才能です。それが育まれるのは、プライベートでほっとできて安らげる自分の場所。優しくリラックスした気持ちになれて、その優しさを人に与えて、そして周りからも優しさをもらえる時間のなかにあるのではないでしょうか。

常に競争にさらされて、安らぎを感じられない環境では、男性的な闘争心や行動力は磨かれていくかもしれません。しかし、その反面、女性的な柔和さや優しさ、ときに人や環境に合わせていくしなやかさ、といった女性的なマイルドな感性は育ちにくいものです。

女性らしさを育む時間こそ、生涯を女性として生きる自分自身の心身のバランス感覚を養っていくもとになる------そんな時間を意識して持つことが、女性の心身の健康を保つためにも大切なのではないでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項