それでは痩せの原因を探って解決方法を見つけていきましょう。

(1)本当に十分なカロリーを摂取しているかをチェック

腸の機能が悪いから痩せていると思っている人も、まずは現在の食生活を分析してみましょう。消化不良で痩せているのではなく、カロリーやたんぱく質の摂取が不足しているかもしれません。沢山食べているつもりの人が、実はあまり食べていなかったり、あまり食べていないつもりの人が実は沢山食べていたりと、自分の認識と大きなずれがある場合があります。あまり運動をしていないと思っていても、ちょっとした日常の動作の違いの蓄積によって、カロリー消費の違いをもたらすこともあります。

腸の働きの異常を疑う前に、まずは1週間ほど、食べた物を撮影したり、食事・運動・活動記録をつけて、栄養士に相談したり、栄養分析ツールを使ってカロリー摂取量を調べてみましょう。カロリーが十分でない場合は、「これで解決!健康的に体重を増やす方法」の記事を参考に、健康的&効果的にカロリーアップを目指しましょう。

(2)次にトイレのチェックをしてみよう

下痢が多かったり、食べ物が消化されていないまま便として出てきたり、脂肪便(べっとり臭い)などがないかチェックしてみましょう。乳製品、特に牛乳に含まれる乳糖を上手く分解できない人は多く、下痢の原因になることもあるので観察してみましょう。日本人には少ないようですが、パンなどに含まれる小麦を上手く消化吸収できない人もいます。食品との相性を観察して、必要ならばしばらくその食べ物を控えてみましょう。また、飲み込むようにしてあまり噛まずに食べている人は、よく噛むようにしましょう。

(3)病院でチェックしてみよう

カロリーが十分に摂取できているのに、トイレのチェックで心配事があったり、貧血、疲労、体重減少などがある人は、病院でチェックしてもらいましょう。胃腸の症状は複雑で、大きな病気が潜んでいたり、栄養素が十分に吸収できない状態が続くと、栄養不足による体調不良や病気を引き起こすこともあります。特に、ダイエットをしていないのに、急に体重が減ってきた人は、必ず医師に見てもらうようにしましょう。


【関連リンク】
■これで解決!健康的に体重を増やす方法(All About 療養食・予防食)
■過敏性腸症候群の徹底対応策!(All About 療養食・予防食)
■お腹のガス・張り、おならを改善する食事(All About 療養食・予防食)
■下痢に困っている人の食事療法(All About 療養食・予防食)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項