食物繊維はちゃんと摂れてるかな…自分の腸にもくぼみがあるかも…
憩室炎(けいしつえん)とは、消化器官にできたくぼみが炎症を起こし、激痛や熱などを伴う病気で主に大腸で見られます。このくぼみは、圧力のかかる場所にできやすく、炎症がない場合は憩室症(けいしつしょう)と呼ばれています。憩室症自体は無症状です。憩室症は40歳以上の人で多くみられるようになります。

アメリカでは60歳以上で2人に1人以上、90歳ではほとんどの人に憩室症はみられるようです。最近では、日本でも憩室炎になる人が増えてきています。食物繊維の摂取の減少など、食生活の変化も関連していると考えられています。多くの場合の憩室炎では、薬や食事療法、休養を中心とした治療が行われていますが、症状が深刻な場合は手術を行うこともあります。


憩室炎の予防はどうすればいい?

■たっぷり食物繊維を摂ろう
たっぷりの食物繊維の摂取は、くぼみ形成の予防に役立つといわれています。食物繊維には水溶性と不溶性のものがありますが、どちらのタイプでも役立ちます。食物繊維についての詳しい情報は、「食物繊維のすごい健康効果」を参考にしてください。

■運動をしよう
その因果関係がはっきりしていない部分もあるようですが、憩室炎の予防に有効だといわれています。運動をすることで、腸の動きを活発にしたり、腸内の圧力を減らす働きがあります。

■水分もたっぷりとろう
食物繊維は水を吸収することで便の量を増やし、軟らかくする働きがあります。食物繊維をせっかく沢山とっても、水分が不足していると逆に便秘になることもあるので注意して下さいね。

■トイレのタイミングを逃さない
トイレのタイミングを逃してしまうと、便の軟らかさが失われてしまうこともあり、排便時に余計な圧力がかかる原因となります。


憩室炎になった時の食事療法は?

■負担の少ない食事を
炎症が起こった場合や憩室炎の手術後には、腸を休ませる食事や低食物繊維の食事療法が勧められています。

炎症を起こしている時は、腸に優しい食事をするように言われるかもしれません。最初の数日は、スポーツドリンク・すまし汁・コンソメ・果実のない果汁・シャーベット・ゼリー・水・お茶・クリームなしのコーヒーなどを勧められるかもしれません。

たんぱく質

体調が良くなってきたら、魚、ヨーグルト、卵、豆腐などのたんぱく質を忘れずに。不足すると元気がでなくなります。

体調が良くなってくると、腸に負担が少ないものを加えるようにアドバイスされるでしょう。憩室炎で負担が少ない食事とは、食物繊維が少なく、脂質が多すぎない食事です。うどん・白米・麺類・パスタ・白パン・牛乳・ヨーグルト・チーズ・豆腐・豆乳・魚・鶏肉・卵・よく加熱した野菜・缶詰の果物などがあげられます。

炎症を起こしている場所や個人の状態などによっても食事療法が変わってくることが考えられるので、担当の医師や栄養士のアドバイスを受けるようにしましょう。

食生活

大変な思いをしたくなら、食生活を見直すしかありません。

■症状が落ち着いたら少しずつ食物繊維を取り入れ、次の憩室炎予防に勤める
食物繊維をたっぷり摂取するようにしましょう。果物・野菜・精製されていない穀類・豆類などには豊富な食物繊維が含まれます。食物繊維は便の移動をスピードアップさせる働きがあり、これにより腸内の圧力を減少させることができます。

急に食物繊維の量を増やすと、お腹が張ったり、ガスがでやすくなるので、少しずつ増やすようにしましょう。どうしても食事から十分な食物繊維が摂取できない場合は、食物繊維のサプリメントの摂取を医師と相談するのもよいでしょう。医師の方からサプリメントの摂取が指示される場合もあります。

■消化しにくいものについて
種など消化されない、または消化しにくいものは、くぼみにはまって炎症の原因となることがあるので、避けたほうがよいと言われてきました。しかしその後、これらの食べ物が炎症につながる可能性を疑問視する見解が増えていました。さらに最近では、これらの食べ物は食物繊維が豊富なので、むしろ摂取した方が良いという傾向が見られます。心配な方は医師に相談するとよいでしょう。一般的に避けたほうが良いと言われてきたのは、以下の食品です。

  • ベリー類(いちご、クランベリー、ブラックベリーなど)
  • とうもろこし(ポップコーンを含む)
  • ナッツ類(ピーナツ、カシューナッツなど)
  • トマト
  • すいかの種(意識して食べる人は少ないはずですが…)
  • ごま
  • ポピーシード

クラッカーやおせんべいなどを食べると、「ゴツゴツした食べ物のかけらが腸を痛めるのではないか……」と考える人もいるようです。くぼみが食道などにある場合は別ですが、大腸にある場合は、そこに到着するまでに食物は消化吸収を終えているはずです。

一度できてしまったくぼみは、そのままの状態になってしまいますが、上記の方法を実践することで、更なるくぼみの形成を予防したり、くぼみの状態の悪化を避けるのに役立ちます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項