不妊症にもいいと言われるワケ

イメージ
ストレスによって下痢・腹痛になる……。そんなタイプなら男性でもOK
「当帰芍薬散」は婦人科でよく用いられる処方のひとつ。当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、茯苓(ぶくりょう)、白朮(びゃくじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、川きゅう(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)の6つの生薬で成りたち、組み合わせで次のような作用があるといわれています。

当帰芍薬
ストレスや疲労で消耗する肝血を補い、肝の機能をスムーズにする

川きゅう当帰
血液の流れを良くする

白朮茯苓沢瀉
消化機能を促進して、余分な水分を出す


機能的に問題がないのに不妊に悩んでいる場合、漢方ではそのひとの「気血水」の不足やめぐりの悪さを調節することで、体質を改善した結果、懐妊するケースが多いのです。

普段から血行不良で生理痛や腹痛があり、むくみなどの水毒を伴うような血や水のめぐりが悪いタイプは、「当帰芍薬散」も視野に入れてみましょう。もちろん購入したい場合は、漢方の専門家に相談しましょうね。

記事で取り上げなかった、漢方の豆知識などをご紹介しているガイドメルマガもお供にどうぞ!(登録は無料です)


症状から漢方薬をさがすなら
漢方医をさがすなら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項