アトピー性皮膚炎/アトピー性皮膚炎の症状・原因・検査法

蝶、蛾、毛虫がアレルギーの原因に!?(2ページ目)

夏になると増える虫。前回はゴキブリとアレルギーの関係についてご紹介しましたが、実は、蝶・蛾・毛虫などもアレルギーに関係しているのです。詳しくご説明します。

清益 功浩

執筆者:清益 功浩

医師 / 家庭の医学ガイド

人を刺す毒蛾(どくが)

毛虫に刺されたときには、ひどい痒みを感じます
毒蛾やその幼虫の毒針毛に触ると、皮膚炎を起こします。

蚊に刺されたような感じで、すぐに腫れる場合と、1日経ってから腫れる場合があります。特に、毒棘をもつ蛾や蝶の幼虫、毛虫に刺されると、皮膚炎を起こします。

毛虫、毒蛾、蝶に刺されたら?

■刺された部分に痒みが出たら?
まずは、刺された部分の外用薬を使いましょう。抗ヒスタミン薬の外用薬、ステロイドの入った抗ヒスタミン薬の外用薬を使用します。

抗ヒスタミン薬の内服を行うことがあります。「じんましん」の治療に似ています。

■全身症状を起こしたら?
まれにアナフィラキシーを起こすので、アナフィラキシーの治療を行います。抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の点滴を行います。

虫の多い時期にアレルギーの症状、咳や鼻水などの症状が続く場合、医療機関で一度検査してみましょう。毛虫などに刺されたら、医療機関で適切に治療を受けましょう。特に、アトピーがあれば、毛虫に刺されたら、悪化しますので、注意が必要です。

さらに、肌へのケアも必要です。
アレルギー源となる虫や夏の日差しから肌を守って、健康的に夏を楽しみましょう。



【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます