胸が伸びると姿勢も良くなるストレッチ

肩甲骨の運動不足も手伝って、背中の筋肉が緊張する状態が続くと、頭を支える構造にも影響し、肩こりが治りにくいという悪循環を引き起こします。それを少しでも改善させるためには、胸の筋肉がポイント。背中だけではなく、普段伸ばすことの少ない胸の筋肉にも刺激を与えましょう。


体の前方で両腕を保持しながら、前方から引っ張られているイメージで、背中上部を伸ばしましょう。 1を前から見た写真です。両腕で輪を作るようにし、前方へ引くと背中の肩甲骨の間が伸びやすいです。
腕を中間ぐらいで保持し、左右の肩甲骨を寄せる意識で胸を開きます。 頭と腕を上方で保持し、肩の付け根、胸の前面を伸ばします。肩を近づけるようにすくめます。
腕を下方で保持し、左右の肩甲骨をできる限り寄せてみましょう。

1と2では、デスクワークで血行が悪くなりやすい肩甲骨の間を伸ばします。ですから、仕事の合間にこの体操のみ行っても気持ちが良いです。また、3、4、5それぞれの前に1を行うと、さらに効果的です。猫背姿勢では、胸の筋肉の血行も悪くなりやすいですので、そこを伸ばし血行改善とキレイな姿勢維持に役立てましょう。



*猫背予防! 背中美人を作る簡単ストレッチ 関連リンク*


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項