眼精疲労のひどい状態は調節痙攣

「眼科手術を得意としてます」と大高先生
「眼科手術を得意としてます」と大高先生
「この調節機能の測定により、長時間のパソコンワークなどで眼精疲労になっている方は、慢性的に調節痙攣状態になっていることがわかります。その患者さんは、あらゆる目の不調、例えば、目のかすみ、痛み、充血、まぶしさ、視力低下などを訴えます。」(大高先生)

このような状態での眼科の治療としては、患者さんに『ミドリン』点眼液を処方し、就寝前に点眼してもらうと、1ヶ月位で回復に向かうことが多いそうです。これは、筋肉の疲れによる痙攣を固めてしまうような作用があり、調節改善に役立つそうです。

「生活改善としては、時折、パソコンモニターから目を離して、5メーター以上遠くを見る、モニターの設置を正しく行う、まばたきを意識的に回数多く行うなどがあります。」(大高先生)

このように、これまでひとくちに眼精疲労でとらえられていた状態が、客観的、科学的に測定できるようになったことは、治療や矯正対策、回復経過の把握などのために大きな貢献となります。しかしながら、高額な機械(250万円)、ソフトウェア(60万円)であり、導入している眼科医院は全国でも限られているようです。眼精疲労の諸症状にお悩みの方、一度この検査を受けてはいかがでしょうか。

取材協力:横浜相鉄ビル眼科医院 大高 功 院長
情報協力:梶田眼科 梶田雅義 院長

【目の健康 オススメ人気記事】
1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項