疲れ目でお悩みの方、あなたの目のピントを合わせる筋肉のコリはどの程度なのかご存知ですか?これまでは客観的・科学的に、目の疲れ具合を知ることができなかったため、「気のせいかも?」「ストレスかも?」で済まされていたケースがあるかもしれません。それを科学的に測定する機械とソフトウェア(二デック製)が開発され、眼精疲労の度合いなどが計測できるようになりました。

これまで数値化できなかった調節機能を測定する!

7分間ほど画像の気球に焦点をあて続ける
7分間ほど画像の気球に焦点をあて続ける
眼科医療製品をてがける二デックが開発した、『眼調節機能測定ソフトウェアAA-1』は、眼の調節緊張の度合いを測ることができます。

横浜相鉄ビル眼科医院の大高功(おおたかいさお)院長は、このソフトウェアの開発にも参加協力した眼科医であり、当病院では、このソフトウェアを導入し治療に役立てています。そこで、常日頃から疲れ目ぎみだと自覚している「目の健康」ガイド高林が体験してみました。

調節機能の測定は、片目あたり3分間ほど、スコープから画像をながめ続けるだけです。この間、まぶしくも痛くもありません。画像は、草原に真っ直ぐな道が垂直方向に伸びていて、遠方の道の終点あたりの赤い気球のイラストです。この画像は、実際には徐々に近づいているようで、段々と目の調節機能に負荷がかかるようになります。検査後、調節反応を、カラーグラフ化してみることができ、その数値やカラー表示により、疲れ目の状態や、老眼などの度合いもよく分かります。

次のページは、眼精疲労をカラーグラフでみる>>