運動処方の実際
運動負荷検査

実際にこんな感じで計ります
実際にこんな感じで計ります
さて、実際の運動処方の流れは次のようになります。

まず、問診、検査等を受けた後、身長、体重、年齢、性別などを記録。心電図、血圧計、マスクをつけてエアロバイクにのります。マスクには吐く息の酸素や二酸化炭素が計れるようなモニターが取り付けられています。5分安静、4分ウオームアップで漕いだ後、徐々にペダルの負荷があがっていきます。これを1分間に50回の同じ回転数で漕ぎ続けます。だんだん苦しくなってきて、もうこれ以上がんばれない……というところで終了。

血圧、心電図などをチェックしつつ、吐く息の酸素や二酸化炭素から、体の中で何がおこっているかをチェックするわけです。

運動の強度によって、体の中で起こることが変わります。比較的軽い運動では、酸素を使って体のエネルギーを作ります(有酸素運動)。ところが、ある運動強度を越えると、体は酸素が間に合わなくて、蓄えてある乳酸を使って無酸素でエネルギーを作り出します(無酸素運動)。この有酸素運動と無酸素運動の間がどこにあるかをAT(anaerobicthreshold:AT無酸素運動閾値)といい、吐く息から計ることができるのです。

こんな感じでモニターされます
モニター画面
具体的にこのAT値がわかれば、そのときの自転車のワット数(負荷数)、心拍数もわかりますから、今度運動をするときにはそれ以下になるように運動を設定し、効率よく酸素を使いながら脂肪を燃やす運動ができるというわけです。

しかも、「もうこれ以上がんばれない」というところまで漕ぐということは、自分の限界がわかるわけですし、モニター中に異常が起これば、運動強度をそれ以上に上げなければ、一応、予測できる範囲内での危険はないということになりますよね(大体、半年くらいは同じ状況だと考えてよいそうです)。

具体的には、心臓に病気があったりする方には、ちょっと運動強度を弱めに、スポーツ選手など、異常のない方には強めに運動強度を設定してプログラムを組まれるそうです。

運動の種類としてはウオーキングや自転車、水中運動など、また筋肉をつけるためにレジスタンス運動と呼ばれるストレッチやウエイト、マシントレーニングも行っているようです。

==================

ちなみにガイドもこの検査、体験させていただきましたが、年齢相応の一般的な結果になりました。もうちょっと体力があると出てほしかったので残念でしたが……。最後まで漕ぐのはなかなか大変で、すぐへばってしまいました。
一番脂肪が燃えるといわれる有酸素運動は、よく言われることですが「こんな軽くていいの?」くらいの非常に楽な範囲での運動でした。

運動というと、ウエアに着替えて汗を流して……というイメージがどうしてもありますが、どちらかといえば、「こまめに動く」ことを心がけたほうが、負担も少ないし、効率よく脂肪を燃焼させることができそうです。

余談になりますが1年ほど前、メイヨークリニックというアメリカの病院が、「太っているヒトはやせているヒトに比べて一日で150分座っている時間が長い(350kcalに相当)。そういった日常生活の習慣が肥満への関与に大きいと考えられる」という面白い発表をしていましたが、それに通じるものがありそうです。
Mayo Clinic Discovers a Key to "Low Metabolism" -- and Major Factor in Obesity

やはり、「生活習慣」が一番大事なのだと実感したガイドでした。

・関西医科大学・健康科学センター


*関連おすすめINDEX*
  • 心筋梗塞ってどんな病気?
  • メタボリックシンドロームって何?
  • ダイエットにまつわる7つのウソ・ホント
  • ダイエットは脳でする その1~食欲を感じる仕組み
  • ダイエットは脳でする その2~良く噛めば痩せるってホント?
  • ダイエットは脳でする その3~夜食ってホントに太るの?
  • ダイエットは脳でする その4~夜食を食べても太らないためには?
  • ダイエットは脳でする その5~青魚を食べると痩せるってホント?
  • ダイエットは脳でする その6~水をのんでも太るってホント?
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項