ダイエットに必要な要素は1つではないのです!
ダイエットは脳でする!?
人間の行動や感情をコントロールしているのは「脳」。「おいしい」と思ったり、「おなかすいた、もっと食べたい」と感じるのは胃や小腸、はたまた肝臓ではなく「脳」なのですよね。

ダイエットする時は、「遺伝や筋肉の量による代謝量をどうやって増やすか」ということを考えるのと同時に「どうやったら脳が満足するか?」を考えてあげないといけないかもしれません。

そこで、今回はシリーズで「ダイエットは脳でする!?」をお届けします。


ダイエットにまつわる7つのウソ・ホント
ダイエットは脳でする その1~食欲を感じる仕組み
ダイエットは脳でする その2~良く噛めば痩せるってホント?
ダイエットは脳でする その3~夜食ってホントに太るの?
ダイエットは脳でする その4~夜食を食べても太らないためには?
ダイエットは脳でする その5~青魚を食べると痩せるってホント?
ダイエットは脳でする その6~水をのんでも太るってホント?
ダイエットは脳でする その7~糖分の制限しすぎで糖尿病に?  
ダイエットは脳でする その8~お肉はダイエット食品?     


<CONTENTS>
  • 食欲を感じる仕組み…食べたい気持ちは脳の視床下部がコントロール
  • 食欲をコントロールする物質



    食欲を感じる仕組み
    食べたい気持ちは脳の視床下部がコントロール

    食欲は脳でコントロール!
    食欲を感じる仕組み
    右の図をご覧ください。

    まず食事をすると食べ物が消化管にたどり着きます。
    すると消化管は「食べ物が来た!」ということを認識して、いろいろな信号を脳やほかの臓器に送ります。
    そして、最終的には「こんな食べ物が入ってきました」という情報は、大きく分けて

    (1)血液を介して(たとえば、血液中のホルモンとか、血糖値など)
    (2)神経を介して

    脳の視床下部というところに伝えられるのです。

    ところが食欲をコントロールするシステムがこれだけだったら、多分エネルギー過剰による肥満は起こらないですよね。

    「なぜエネルギーは十分摂っているのに、もっと食べたいと感じるのか?」ということに対する答えが

    (3)脳のほかの部分からの指令

    なのです。

    人間は、ほかの動物に比べて脳が発達しているので、この(3)番の部分の比重が大きいと考えられています。だから、「いままで食べておいしかった」とか「なんとなく食べたい」とか、そういった今までの記憶や習慣、気持ちといった、ある意味高い脳の機能が(1)番や(2)番を上回ってしまうのではないのかといわれているのですね。

    関連記事;お腹いっぱいでも甘~いデザートは入るのはなぜ? 甘いものは『別腹』ってホント?


    食欲をコントロールする物質あれこれ

    参考までに有名な物質をいくつか上げておきます。

    ・レプチン 脂肪組織から分泌されます。
          視床下部に働いて抗肥満作用があるといわれています。
    ・グレリン 胃から分泌されます。
          これも視床下部に働いて食欲を増進させます。
    ちなみにこの2つは睡眠の量で変化するともといわれています。
    詳しくは食欲亢進物質と食欲抑制物質のホルモンが原因? 睡眠不足は肥満のモト!?へどうぞ。

    ・糖 血液中の糖=血糖値です。
        もちろん低ければ空腹感、高ければ満腹感があります。
    ・インスリン すい臓から分泌されます。
            増えると視床下部に働いて満腹感を起こします。


    ===============
    次回は良く噛むと痩せる!?~血糖値の問題だけではない噛むことと肥満の関係をお届けします。



    *関連おすすめINDEX*
  • チョコを食べても太らないって本当!?
  • ダイエットにまつわる7つのウソ・ホント
  • ダイエット
  • 健康になる食事
  • 食と健康
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項