最近相次いで『睡眠不足は太る!』というショッキングなニュ-スが発表されました。何となく、起きている時間が増えるとその分消費カロリーが増えそうなものですが・・・

今回は『睡眠不足は肥満のモト!?』かどうかについて特集します。

睡眠不足だとホントに太るの?

睡眠不足は太る!?
睡眠不足は太る!?
7~9時間眠るヒトに比べると、4時間以下しか眠らないヒトは、なんと73%も肥満になりやすいという発表がありました。ちなみに5時間程度でも50%、6時間でも23%それぞれ太りやすいという結果でした。(コロンビア大、対象1万8000人、32~59歳)

原因としては、起きていることによる消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いのが太る原因ではないかという推論でした。

そしてコレは延々先祖までさかのぼって、人間が食物の多い夏に栄養を蓄えていた時代の名残では?(=夏は夜が短いので睡眠時間が少ない。睡眠時間の少ないヒトは夏と同じ状態に体がなっているので太りやすいのでは?)ということまで推論されていました。

ガイド的にはそこまで言いきってしまうとどうかな?という気がしますが・・・。
詳しい内容の発表はこちらLack of Sleep May Lead to Excess Weight


レプチン=食欲抑制ホルモン

レプチンやグレリンという物質をご存知ですか?

レプチンは10年くらい前に発見された物質で、脂肪組織で産生されます。食欲を抑制する働きがあるホルモンといわれています。主に脳の視床下部の満腹中枢に働いて『お腹いっぱい!』という感覚を起こさせると言われています。

反対にグレリンは5年位前に発見された物質で、胃から産生されます。(ちなみに発見者は日本人の方です)食欲を亢進する働きがあるといわれています。


睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが増えて食欲抑制ホルモンが減る!

睡眠時間が短いと肥満度UP!?
睡眠時間が短いと肥満度UP!?
『睡眠不足が肥満を招くかも!』というお話の原因になりそうな発表がありました。『睡眠時間が減ると食欲抑制物質レプチンが減って食欲亢進物質グレリンが増えるからではないか』という内容です。

一つはスタンフォード大の発表で、5時間眠る人は8時間眠る人に比べて、なんと、血中の食欲刺激物質グレリンが14.9%も多く、食欲抑制物質レプチンの量は15.5%も少ないことがわかりました。
コレはちなみに性別、食事習慣にも全く関係がないほどはっきりした差だったそうです。(対象約1000人、30~60歳)

また睡眠時間8時間未満の人に限る(全体の75%)と、睡眠時間が短いほど肥満度がアップしてしまうこともわかりました。詳しい内容の発表はこちら" >STANFORD STUDY LINKS OBESITY TO HORMONAL CHANGES FROM LACK OF SLEEP

似たようなお話になりますが、シカゴ大のチームの発表では2晩連続で4時間しか寝ないと、10時間寝た場合にくらべて、グレリンが増えてレプチンが減っていることがわかりました。

そして具体的にはお菓子などの甘いものやチップスやナッツなどの塩っ辛いもの、そしてパンやパスタなどの炭水化物もほしがる傾向があったとのことです。(対象 20代男性12人)もしかして夜更かしするとラーメンやアイスが食べたくなるのはこの辺が原因かもしれませんね。
詳しい内容の発表はこちら" >Sleep loss boosts appetite, may encourage weight gain


睡眠不足になればなるほど太ってしまうことは確かなようです。睡眠をしっかりとるのはなかなか難しいところもありますが、できるだけ気をつけたいものですね。



*関連おすすめINDEX*
  • All About 女性の健康~ダイエット
  • All About ダイエット
  • 大掃除でダイエット

    【編集部おすすめの購入サイト】

    楽天市場で睡眠用品を見る

    Amazonで睡眠グッズを見る

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項