「妻の寝つきが悪いと夫婦げんかが増える」

カップル

2人で眠ると、良いこともあれば悪いこともあります

カップルが同じベッドで眠ると、良いこともあれば悪いこともあります。就寝時刻や起床時刻、寝室の室温や明るさの好みが違えば、片方の人の睡眠が犠牲になります。また、寒い冬には布団の争奪戦に負けてしまった方が、風邪をひいてしまうかもしれません。

そして夫婦げんかのしやすさも、睡眠の状態と関係があるようです。ピッツバーグ大学・精神科のウェンディ・トロクセル教授の研究によると、寝つくまでに時間がかかった妻は、その翌日における結婚生活上の不調が多くなり、夫も同様に不調を訴える傾向が強くなっていました。これはつまり、妻の寝つきが悪かった翌日は、夫婦げんかが起きやすいということです。

睡眠不足のときは、脳内物質の一つである「セロトニン」が減ってしまいます。セロトニンは精神を安定させる働きがあるので、セロトニンが不足すると、気持ちがいら立ってキレやすくなります。こういう理由から、妻の寝つきが悪かった翌日は、夫婦げんかのリスクが高まるものと考えられます。

セロトニンを増やすには、ウォーキングなどのリズム運動日光浴が効果的です。ガムをかんだりを歌ったりしても、セロトニンが増えて気持ちが落ち着きます。グルーミングでもセロトニンが増えるので、夫婦でマッサージしあうこともお勧めです。

セロトニンを増やしてグッスリ眠るための方法は、「日中は頭スッキリ心穏やかに! セロトニン睡眠法」に詳しく書いてあります。ご興味がある方は、ぜひお読みください。

夫婦・恋人が一緒に眠るメリットは? 気持ちの落ち着きに効果

カップル

一緒に眠ると、良いことがたくさんあります

もちろん、カップルで一緒に眠ることの利点も、たくさんあります。

ウェンディ・トロクセル教授が行った別の調査では、パートナーと安定した関係を長く保っている女性は、独身女性やパートナーと別れた女性よりも、寝つきが良く、夜中に目を覚ましにくいことが分かりました。

これは、パートナーと眠ることで安心感が得られ、「コルチゾール」などのストレス・ホルモンの分泌が抑えられるためではないか、と考えられています。また、ベッドを共有することで、不安感を和らげるホルモンであるオキシトシンが増えます。ちなみに、オキシトシンは「ラブホルモン」とも呼ばれています。

寝室環境の好みや生活習慣の違いを逆手にとって、仲良くなる方法もあります。就寝や起床の時刻が違うのなら、相手を起こさないように寝床に出入りすれば良いのです。自分の希望を主張するだけでなく、お互いの要望をすりあわせて、2人ともが質のよい睡眠をとれるようにゆずり合ってみましょう。相手を気づかうことがお互いの理解や愛情を深め、ますます夫婦円満となるに違いありません。

快眠につながる寝室の環境については、オールアバウト・睡眠サイトの記事「睡眠環境・寝室・ベッドの工夫」や「理想的な寝室を作る! 光と音のテクニック」も合わせてお読みください。


ベッドパートナーだから見つけられる病気もある

イビキ

イビキに重大な病気が隠されていることがあります

イビキ歯ぎしりを聞かされる方は迷惑ですが、大事なパートナーの病気を見つけるきっかけにもなります。

イビキだけならあまり問題はありませんが、ひどいイビキの後に呼吸が止まるようなら要注意です。睡眠中に窒息を繰り返す睡眠時無呼吸症候群」という病気の可能性があります。こんなときは、太っている人なら減量を、仰向けで呼吸が止まるなら横向きで寝てみてください。それでもだめなら、早めに睡眠障害の専門医に相談しましょう。

隣で歯ぎしりをされると、気になって眠れないことがあります。歯ぎしりの主な原因の一つがストレスなので、最近、歯ぎしりが増えてきた人は、ストレスへの対処法を考える必要があります。また、「胃食道逆流症」の患者さんは、胃酸の逆流が起こると酸を中和するために、歯ぎしりをして唾液を飲み込むことがあります。胸焼けもあるようなら、消化器科や内科の医師の診察をお勧めします。

これまで寝言を言わなかった人が急に言うようになったり、手足を動かしたり、眠りながら部屋を歩くようになったりした人は、「レム睡眠行動障害」という睡眠障害の可能性があります。レム睡眠行動障害では、夢で見ている通りに動いてしまいます。そのため、パートナーを傷つけたり、本人がケガをしたりして危険です。疑わしいときは早めに、睡眠障害の診療を行っている医療機関を受診しましょう。

その他にも、睡眠と関係する病気はたくさんあります。さらに詳しく知りたい方は、「不眠度チェック!眠れないのは何かの病気?」「昼夜逆転・睡眠時間帯の異常」などもぜひあわせてお読みください。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項