デザイナーズフーズって知っていますか?

デザイナーズフーズって何?
デザイナーズフーズって何?
1990年、米国の国立ガン研究所は「デザイナーフーズ・プログラム」という5年計画のプロジェクトを発足させました。このなかの「デザイン(design)」は「設計すること」という意味です。

もともと、ガン発症の原因の一つが食生活にあるという考え方があり、「植物性食品に含まれている成分を研究して、その中に含まれている有効成分をなんとか頑張って配合して、ガン予防に効果的な食品を開発しよう!」というのがこのプロジェクトなのです。プログラムのなかでは、ガン予防効果の高いと報告のある約40種類の食品が、効果の高いものを頂点にピラミッド型で示されています。


《癌予防の可能性のある食品》(1群が一番効果が高くなります)
【1群】
ガーリック(ニンニク)、キャベツ、カンゾウ、ダイズ、ショウガ、(ニンジン、セロリ、パースニップ)などせり科の植物
【2群】
タマネギ、お茶、ターメリック、全粒小麦、アマ、玄米、(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)などの柑橘類、(トマト、ナス、ピーマン)などのナス科、(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)などのアブラナ科
【3群】
マスクメロン、バジル、タラゴン、カラス麦、ハッカ(ミント)、オレガノ、
キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、ベリー


スプラウト野菜になっている野菜は、かなりの確率でデザイナーズフーズ!?

さて、そこで店頭に並んでいるスプラウトを見てみましょう。カイワレ大根は大根(アブラナ科)なので2群にふくまれます。レッドキャベツ、ブロッコリー、クレス、マスタードもアプラナ科です。(ちなみに余談ですが、一言でアブラナ科といっても、他にもまだまだおなじみの食材があります。例えば、わさび、からしなどのスパイス、そしてクレソン、カブ、チンゲンサイなどの野菜もアブラナ科に含まれます。)

ちなみにブロッコリースプラウトに関しては、1997年アメリカの医学者がブロッコリーの新芽にガンを強力に防ぐ作用があるという発表を行ってブームになったことでも有名です。

ブロッコリーの中のスルフォラファンという辛味成分が肝臓の解毒作用を高め、食事中の発ガン物質を壊すことでガン抑制作用があるといわれています。加えて抗酸化作用もあり、その効果によるガン抑制作用も期待できるとのことでした。

ブロッコリースプラウトの効能や調理法、注意点など、詳しくはスプラウト野菜って知ってますか 気になる食材~ブロッコリーの芽へどうぞ。
また抗酸化作用について詳しくは最近の健康食品のキーワードは何?~『抗酸化作用』 活性酸素、抗酸化作用って何?へどうぞ。

スプラウトはサラダやサンドイッチ、スープに加えたりするのが一般的な使い方。
新しい食材をうまく使って、健康的な食生活が出来るといいですね。


<文中参考にしたサイト>
スプラウト王国~スプラウトを学ぶ



*関連おすすめINDEX*
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項